2016.03.09

意外!?男性が「ちょっとな…」と尻込みしちゃう女子の趣味・習い事

お付き合いするうえで相手の趣味や習い事は結構重要ですよね。
一緒に楽しむことが出来たり、そうでなくとも相手を理解することは円満な交際にとって大切なことです。婚活サイトにも「趣味」の欄があることからもそれが分かります。

ですが、そんな大切な趣味が男性からのアプローチを遠ざけてしまう場合があることを知っていますか?

今回は、男性に話すと交際・結婚が遠のく趣味や習い事についてインタビューしてきました!

1.「ワイン」「ゴルフ」などのバブル臭がするもの

「なんかお金がかかりそう。一般の人とか女性が好む趣味じゃないイメージがあるからかな…ちょっと近寄りがたい趣味かもしれません。
年上のおじさまに仕込まれたのかな?とか考えちゃう(笑)!」(28歳/サービス)

ワインやゴルフなどお金がかかる趣味や、高級レストランの食べ歩きなどはあまり良い印象を与えないようです。後ろに他の男性の影を感じてしまうという声もちらほら…。

そうじゃなくてもそんな風に思われてしまうこともあるので、話す相手を考えるのが無難かもしれませんね。

2.ネイル

「正直男はあんまりネイルが好きじゃないから、ネイルに力を入れられても反応にも困る。
上品でシンプルなのものならともかく、ゴテゴテした派手なものは邪魔だと思う。料理も出来なさそうなイメージ。」(学生/22歳)

もともと男性から人気の低いネイルですが、習い事となると相当なネイル好きと思われて引かれてしまうこともしばしば。

一方、「ネイリストを目指している!」というのはただのネイル好きとは違い、「夢に向かって努力している子」など前向きな印象を与えますよ。

3.「お茶」「お花」「着物」などお金がかかるもの

「『趣味は生け花です』という女の子に日本女性らしい印象を受けてお付き合いしたことがあります。
でも、あんなにお金がかかるなんて知らなかった。結婚を考えたら、あんなにお金がかかる趣味は無理かなって思って別れました。」(30歳/営業)

「ちょっとお花のお稽古が…」なんて言える女性には同性でもあこがれちゃいますよね!でも実際はすごくお金のかかる趣味であるということを知らない方も多いようです。

上品さを感じさせる一方で、将来を考えるとちょっと無理かも…と思ってしまう男性も。あまり親しくない時に、これらの趣味を伝えるのは控えたほうがいいかも。

4.武道など強い印象を与えるもの

「『趣味は空手です!』って合コンで言ってた女の子がいました。別にいいと思うんだけど合コンで言う趣味じゃないっていうか。
なんだかんだ男って、弱い子を守りたいと思うから、あまり強そうだと彼女候補から外れるよね。」(21歳/学生)

最近は武道や格闘技を習う女性も増えているようですが、基本的に男は女よりも強くありたいと考える人が多いので、強い女性は敬遠されがち。

喧嘩の時に負けてしまいそうで怖いという男性も。同じ趣味の男性を探すか、仲良くなってから打ち明けるのがいいかも。

おわりに

いかがでしたか?お金がかかる趣味や女性らしさを感じさせないものは、今後を考える男性にとってはあまりいい印象を与えないようです。

一方、英会話や資格取得は前向きで、悪い印象を持つ人は少ないようです。
正直に趣味を打ち明けて引くような男性はイヤ!という方も多いかと思いますが、好印象を与える趣味を1つくらい持っていてもいいかもしれません。

出会いのチャンスを広げることが出来るかもしれませんよ!(恋愛エステティシャン桜子/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事