2016.03.10

あの時間ってどうしてる!?彼がコンドームをつける時の行動・4選

エッチ中に彼がゴムをつけようとしているあの微妙な時間、皆さんはどうやってやり過ごしていますか?

彼にイかされたあとならぐったりして彼の準備を待つのもありですが、毎回挿入前にイクなんてこともないと思います。
なにもせず素っ裸で寝っ転がって待っているのはなんだかシュールな光景・・・。

今回は、彼がゴムをつけるときの時間の使い方をまとめてみました!

1.布団にくるまる

「待っている時って自分は何も身に着けていない状態じゃない?それがもう恥ずかしくて耐えられないから、布団にくるまって隠しちゃう!」(20歳/学生)

どうしていればいいかわからないし、彼も見られたら恥ずかしいのかなとか思って、とりあえず布団にくるまる!!

彼がゴムをつける瞬間はお互いに何も身に着けていない状況であることが多いと思います。
裸で彼がゴムをつけるまでの数十秒をただ待っているのは、恥ずかしさで「私何やっているんだろう」と冷静さを取り戻してしまいますよね。

その恥ずかしさと冷静さをシャットダウンするためにも布団にくるまってしまってもいいかもしれません。
彼女が恥ずかしがって布団にくるまってしまっている姿も「今更恥ずかしがるの?なにそれ可愛い!」と彼は思ってくれるでしょう。

2.付けるまではフェラ

「彼が箱からゴムを取り出したり、つける準備をしているときはパクッとフェラし始めることが多いかな?あの微妙な時間に萎えられても困るしね(笑)」(22歳/学生)

ゴムを箱から出したりパッケージを破いて中身を出すのって意外と時間がかかりますよね。

その間に軽くフェラをしてあげると、彼のモノも萎えることがなく、あの微妙な時間に羞恥心と戦うこともなくなるでしょう。
大胆だけど、少し勇気を出してやってみましょう!

3.太もものやおしりを甘噛み

「つけている時って確かに手持無沙汰になるよね。彼にくっついていたり、太ももとかおしりをハムハム噛んでることもあるかな。
彼がつけている間何もしないで待っている方がなんか、いたたまれない!」(21歳/学生)

何かアクションを起こして行けれど、フェラをするまでは勇気が出ない場合は彼に密着するところから初めてみましょう。
彼に密着して、いろんなところを触ってみたり舐めてみたりして、場の区切りがついてしらけちゃう…なんてことがないように工夫してみると良いかもしれません。

4.付けてあげる

「私は彼がゴム取り出したら「私がつけてあげるよー」って、彼のに装着してあげるよ!自分で彼のゴムをつけてあげたほうが安心できるからね。」(21歳/学生)

男性は彼女にゴムをつけてもらうことに恥ずかしさよりも喜びを感じるようです。
男性が初めての場合は特に、ゴムをつけるのに手間取るため彼女に付けてほしいと考える人は多いようです。

次のエッチでは彼のゴムを率先してつけてあげるようにしてみてはいかがでしょうか!

おわりに

あの微妙な時間はなれると恥ずかしくもなんともないのですが、それまではどうしていいか困惑しますよね。

彼との経験を重ねて、自分と彼がどうしたら一番心地よいかいろいろ試してみると良いかもしれません。(佐久間 優/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事