2016.03.12

初体験での苦い失敗!!初エッチで男に頼らず自分で持っておくべきもの・4選

彼と初体験を迎える日もそろそろかなと思っているあなた。
ただ何もせず待っていては、初めての体験が苦い失敗で終わってしまうかもしれませんよ。

彼との初エッチを苦い思い出にしない為には、準備が必要です。
経験者の苦い体験から、初エッチに必要なモノを前もって準備しておきましょう。

1.ナプキン

「私の友達は初体験の時も血が出なかったって聞いてたから、私もそんなもんだと思って彼と初体験を済ませたの。そしたら予想以上に血が出ちゃって・・・。
生理一日目ぐらいの量が3日くらい続いたから、人によって違うんだなって思ったよ。」(22歳/学生)

初体験終わった直後に「生理か!?」と思うほどの出血で、その日ナプキンを用意していなかったから、たまたま彼の家のトイレに備えてあったお母さんのナプキンをこっそり拝借・・・。
人によって出血量は異なりますが、ひどい人では一週間も止まらない人もいます。

こればかりはやってみないとどうなるかわからないので、備えあれば憂いなしです。
彼とのお泊りの日など「この日は初エッチするかも」と予想できる日はナプキンをバッグにこっそり忍ばせておきましょう。

2.コンドーム

「ホテルのコンドームは信用しちゃダメ!私の知人はホテルのコンドーム使って妊娠しちゃったんだから!
私も「彼が用意してくれるだろう」なんて思っていざ彼とエッチしたら「ゴムないから生で良い?外に出すから大丈夫だよ」って、生でされそうになったんだから!」(20歳/学生)

男性は必ず常備していると安心しきってはいけません。
財布に入れっぱなしで劣化していたり、常備していない男性もたくさんいます。

ホテルに常備されているゴムも、絶対安全とは言えないので自分たちで新品を購入することをお勧めします。
自分の体を自分で守るためにも、ゴムは自分で用意しておくのが良いでしょう。

3.ローション

「初めてだから緊張しちゃってぜんぜん濡れなかったの。ローションなんて彼は持っていなかったし、お互いに痛い思いをすることになっちゃった。」(21歳/学生)

「コンドームもローションが多めについているものを買ってもらったんだけど、全然足りなくて結局入らなかった・・・。念の為にもローションは持っておくべき。」(20歳/学生)

初めてで多いのが「なかなか濡れなくて彼のが入らなかった」「濡れなくて痛かった」という失敗です。
初めてでローションを自分で持っていくのは気が引けるかと思いますが、痛い思いをするのは自分です。
一度痛みを経験してしまうと、なかなか「次もう一度」とチャレンジしにくいですしね。初めてのエッチの痛みを少しでも軽減するために、持参しておきましょう。

4.覚悟

「私結構ハードな部活に入っていたからもう処女膜は破けてるだろうからどうせ痛くないと思って初体験に臨んだの。
そしたら、想像以上の痛みでもう号泣!出血もすごいし散々だったな・・・。(20歳/学生)

初めてのエッチに必ず必要なのは「覚悟」でしょう。覚悟をしても痛いものは痛いのですが、「意外とこんなものか・・・」と乗り越えられるかもしれません。

おわりに

初体験の痛みもローションがあれば和らげることが出来るかもしれません。
心も物も準備万端で挑んで、彼との初体験をいい思い出として残しましょう!(佐久間 優/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事