【相性の不思議】大好きなのに傷つけ合いやすい『魔の相性』五精音(土精音&木精音 篇)


この【相性の不思議】シリーズでは、生まれ星による運命の相性についてご紹介しています。
今回は、五精音による『魔の相性』を、そっとお教えしましょう。

ストレートに相性がいいのは、波動が共鳴し合う五精音同士です。
それとは違い、波動が反発し合いながら惹かれる五精音の組み合わせがあります。その結果、大好きなのに傷つけ合いやすい『魔の相性』となってしまいがち。そして実は、男女が惹かれ合う力は、この組み合わせの方がずっと強いのです!

では、その『魔の相性』となる危険を秘めた組み合わせとは?
また、そんな危険を避けるにはどうすればいいのか、五精音別に紹介していきます。まず、前篇は土精音と木精音に関するアドバイスです。(他の五精音へのアドバイスは、後編に続きます。)

1.あなたと彼の五精音をそれぞれチェック

あなたの名前の最初の一文字が、そして彼の名前やニックネームの最初の一文字が、五十音のどの行かによって、以下のように五精音が決まります。

ア・ヤ・ワ行:土精音(どしょうおん)
カ行    :木精音(もくしょうおん)
サ行    :金精音(こんしょうおん)
タ・ナ・ラ行:火精音(かしょうおん)
ハ行・マ行 :水精音(すいしょうおん)

*たとえば、あなたの名前が「靖世(ヤスヨ)」や「和貴子(ワキコ)」の場合、土精音(どしょうおん)です。

*そしてもし、彼の名前が「加那太(カナタ)」や「幸太朗(コウタロウ)」の場合、木精音(もくしょうおん)です。
*もし、彼の本名の漢字などがわからなくても、ふだん彼が使っている通称やニックネーム(たとえば「カナっち」や「コウちゃん」など)で大丈夫です。

2. 『魔の相性』五精音の組み合わせ

あなたと『魔の相性』となる危険を秘めているのは、以下の五精音です。

土精音のあなたにとっての『魔の相性』=木精音の彼
木精音のあなたにとっての『魔の相性』=金精音の彼
金精音のあなたにとっての『魔の相性』=火精音の彼
火精音のあなたにとっての『魔の相性』=水精音の彼
水精音のあなたにとっての『魔の相性』=土精音の彼

彼にとって『魔の相性』となる危険を秘めているのは、以下の五精音です。

土精音の彼にとっての『魔の相性』=木精音のあなた
木精音の彼にとっての『魔の相性』=金精音のあなた
金精音の彼にとっての『魔の相性』=火精音のあなた
火精音の彼にとっての『魔の相性』=水精音のあなた
水精音の彼にとっての『魔の相性』=土精音のあなた

*たとえば、あなたの名前が「上記1」のように土精音の場合、あなたから見て『魔の相性』は木精音の彼。

*つまり、「上記1」のように木精音の彼は、あなたにとって『魔の相性』となる危険を秘めていることになります!

3. どうすれば『魔の相性』の危険を回避できるの?

土精音のあなたにとっての『魔の相性』=木精音の彼の場合:
あなたは恋をすると、どこまでも尽くす傾向があります。そして、彼のすべてを、まるっと包みこむような大きな愛と包容力を発揮するでしょう。でも、彼が木精音だと、尽くしても尽くしてもキリがなく、あなたのエネルギーを根こそぎ吸い取られてしまいます。
ですから、かいがいしく彼の世話を焼いたり尽くしてはダメです。あえてクールに構えておいて、思わせぶりなセリフや仕草で彼の気を引きましょう。その結果、彼があなたに熱を上げ、あなたを追いかけるようになれば、二人の仲はうまくいくでしょう。

木精音のあなたにとっての『魔の相性』=金精音の彼の場合:
あなたを目の前にした彼は、獲物を追いかけるハンターのように、金精特有の殺気を放つ危険があります。そんな殺気から身を守るには、海・港・川・湖・池・滝などの水辺へ彼を誘って、デートすることです。すると、水の精気が、あなたのバリアとなってくれるでしょう。
とくに、お泊まりデートをする時は例にあげたような水辺か、または温泉旅館や泊まれるスパに限ります。ただし、日帰りデートなら、水族館やプールや大きな噴水のある公園などでもOK。(インテリアに熱帯魚水槽とか飲食店のいけすなどではなく、大量の水があることが条件)

おわりに

必ずしも、上記のような組み合わせが『魔の相性』になってしまう、というわけではありません。その危険を秘めている、ということです。気をつけて危険をうまく避ければ、むしろ深い絆で結ばれる可能性もあります。アドバイスを参考にしてくださいね。(隆速治沙/ライター)

(ハウコレ編集部)