【七曜星風水】知的パワーで運気向上!水星レシピ


星のパワーで運気アップを目指す「七曜星風水」。
今回は、開運レシピ・シリーズの第三回「水星」です。

食事によって惑星パワーを受け取る方法を、いろいろご紹介していきます。
今回は “水星パワーで活動力をつける”ためのスペシャル・レシピです。

1.水星的な知的パワーとは?

水星のパワーをうまく受け取ると、脳が活性化して頭の回転が速くなったり、柔軟な考え方をすることができるようになります。
たとえば、大胆な発想の転換・冷静で合理的な思考・機敏で臨機応変な判断・当意即妙な受け答え・ウィットに富んだ話術・斬新なアイディアなどは、水星的な知的パワーといえるでしょう。

さらに、人によっては画期的な発明や発見をしたり、とても便利な裏技を思いつくことも!
また、仕事や勉学のテンポが上がるので、つまらないことでグズグズ悩むこともなくなります。
その結果、時間もエネルギーも労力も有効に使うことができるのです。

2.水星の働きを象徴するカラー

水星カラーは、明るく澄んだレモンイエロー。

*霧がかかったようにモヤモヤしていた思考を覚醒させる
*古びた認識や鈍っている意識を変革したり刷新する
*スピーディーに物ごとを進展させる
*曖昧な状況に白黒をつけてスッキリさせる
*こんがらがった現状を解きほぐし解決策や妥協案を見つけ出す

以上のような水星の働きを象徴する、とてもさわやかで目がさめるようにハッキリした色です。

3.水星カラーの食品

水星が象徴するフルーツは、レモン・レモン色のバナナ・レモン色でレモンのように新鮮な酸味のあるパイナップルやグレープフルーツなど。野菜はトウモロコシ・黄色のパプリカ・黄色いトマト・ギンナン・サツマイモ・白菜やタマネギの黄色い部分など。
そのほか、卵の黄身・鶏皮・ハマグリやホタテなど黄色い貝の身・皮をむいた栗・大豆・ウコン・マスタードも水星カラーの食材です。

そして、水星は工業生産品のような人工物やハイブリッドな製品や、あらかじめ作られたモノ、そして時間短縮という観点からインスタントも象徴します。たとえば、インスタントラーメン・黄色いタクアン(大根漬け)・プロセスチーズ・スポンジケーキ・マヨネーズ・サフランソースなど。

また、水星はストライプや積み重なった形状を象徴するので、トラ縞のお菓子やバームクーヘンなども水星的な食品です。

4.水星メニュー

卵料理はいろいろありますが、明るい黄色であれば水星カラーのメニューとなります。肉料理では、チキンがメインのメニューが水星カラーとなりやすいでしょう。
サフランライスやパエリアやドライカレーをはじめ、黄色いライス類も水星メニューです。パンは、カレー粉や卵を使ったパンやコーンパンなどが水星カラーですが、ハイブリッドで重なっている食品のサンドイッチは、最も水星的といえるでしょう。

レモンやパイナップルに多く含まれる、クエン酸の疲労回復効果は水星的な働きなので、クエン酸を使ったビタミンドリンクやレモンスカッシュは、とても水星的な飲み物です。
お酒は、いろいろな材料を組み合わせて作るカクテルが、まさにハイブリッドで水星的といえます。たとえば、スノーボール・エッグノック・マリブパインといった黄色いカクテルなどです。

水星レシピの一例:

*チキンソテーやチキンシチュー
*コーンスープや卵スープ
*チーズ・サンドイッチ
*レモン色の野菜やフルーツを使ったサラダ
*カスタードプリンやレモンケーキ
*レモンティーやレモンスカッシュ

水星パワーは、キビキビと動きまわったり、多忙なスケジュールをこなしていると活性化します。水星プレイスのスーパーやコンビニで水星カラーの惣菜やデザートを購入するなど、時間や手間をかけずに食品を調達しましょう。

食事を手作りする場合も、インスタントやレトルトの食材を活用したり、販売されている製品を組み合わせたりしてください。

レストランやカフェのメニューが水星カラーなら、外食でもOK!

おわりに

水星パワーで頭の回転が速くなると、どうしてもおしゃべりになるので、うっかり秘密を漏らしたりしないように、注意が必要です。また、ユーモアのセンスが鋭くなりがち。ジョークが過ぎて毒舌にならないように気をつけましょうね!(隆速治沙/ライター)

(ハウコレ編集部)