「おっぱい体操」って何?ふんわりバストの育て方


こんにちは。セルフトレーニングコーチのNaoです。
魅力溢れる潤い美人になる“自分自身のための”セルフトレーニング、一緒にしましょ!

オンナに生まれたからには、バストはいつでもふっくら・もっちりな“美しい”状態をキープしたいですよね! そんな場合は、バストのめぐりを整えて代謝をよくする「おっぱい体操」がおすすめ。自身の骨格に合った、豊かなバストを目指しましょう。

■「おっぱい体操」って何?

「おっぱい体操」とは、ガチガチにこり固まったバストをほぐし、めぐりをよくするためのマッサージやストレッチ、エクササイズのこと。バストはリンパ腺や乳腺、脂肪からできていて、冷えやすく、ブラジャーによる締め付けなどが原因で体液循環が滞りやすいのが特徴。ガチガチにこり固まったまま放っておくと、代謝の低下や老化を招きます。バストを上向きに整え、ふっくらさせるためには、毎日のおっぱい体操でメンテナンスをすることが大切です。

■おっぱい体操の美容・健康効果

バストの体液循環を改善するおっぱい体操には、次のような美容・健康効果が期待できます。

老廃物や疲労物質をスッキリ流す
リンパ液の流れがスムーズになることで、デトックス力がアップします。
冷えの改善
血行が良くなることで、冷えも改善。冷えによるむくみや代謝の低下を予防・改善することができます。
栄養状態を良くする
血行がよくなり、酸素や栄養素、女性ホルモンがしっかり行き渡るようになることで、バストアップ効果やアンチエイジング効果が期待できます。
バストの形を整える
こりをほぐしてしなやかな状態にすることで、バストの形も整います。

■毎日できる!おっぱい体操の方法

バストまわりのこわばりをほぐし、めぐりをよくするためには、バスト自体を動かす体操と、リンパの流れをスムーズにするマッサージを組み合わせるのがおすすめ。3ステップで手軽にできるものをご紹介しますので、一緒にやってみましょう。

1. 両手で優しく両胸を包むようにつかみ、上下に10回揺らす
2. 内側から外側に、円を描くようにバストの周りを10回撫でる
3. 脇の下を揉みほぐし、余分な脂肪を胸に移動させるイメージで胸の方に流す

■おすすめの時間帯は「朝」と「夜」

おっぱい体操を取り入れるおすすめの時は、朝と夜の2回。
朝にめぐりをよくするマッサージを行うと、寝ぼけた身体を目覚めさせて活性化させる効果が期待できます。バストの形が整うだけでなく、代謝がアップしてダイエット効果も高まります。

夜のおっぱい体操は、1日の老廃物を流すメンテナンス。お風呂で湯船につかりながらリラックスして行えば、詰まった老廃物をスムーズに流してくれますよ。

■目指せ!魅惑のふっくらバスト


ブラジャーで締め付けられて、動かすことが少ないバストは、冷えやこり、体液循環の停滞を起こしやすい部分。動かして流すケアをしてあげることで、代謝を高め、バストを健康的で美しく整えることができます。
ぜひ、毎朝、毎晩の日課にして、ふわふわ&上向きのバストを実現してくださいね。(NaoKiyota/ライター)

(ハウコレ編集部)