いつも通りじゃダメ!特別な「ありがとう」を言ってあげるべきデートパターン・5つ


みなさんも、カレとのデートの後には「今日はありがとう!」とLINEの一通でも簡単にお礼をすると思います。しかし、いつもこの簡単なお礼だけではいけません。
「今日はとくにカレが頑張ってくれたな」と感じるデートの後には、わざわざ電話でお礼を言ってあげたり、長めのお礼LINEを送ってあげたりするのが必要じゃないでしょうか。

こういうデートの後のお礼がいつもと同じでは、「感謝してないな……」なんて思われてしまうかもしれませんからね。
ということで今回は、男性の方々に「特別な『ありがとう』がほしいデートパターン」について伺ってみましたよ。

1.ドライブデート

「免許持ってない人にはわからないかもしれないけど、車で人をノセるってめちゃくちゃ心も体もヘトヘトになるからね。だから、このデートの後にはしっかりとお礼を言ってもらわないと、ちょっと嫌だなぁ……」(スーツ屋/26歳)

まず多く挙がったのがこちら。たしかに、ドライブデートって、言ってみたら彼女の命を乗せて走るわけですから、相当神経を使うはずです。帰る前にも「長いドライブお疲れさま」、そして、帰った後も電話でもして「今日は本当に楽しかったよ」を言ってあげましょうよ。

2.カレが忙しいときのデート

「こっちも会いたくて会ってるわけだから、嫌々デートしてあげたとかではないけど、繁忙期のデートは、ちゃんとお礼言ってもらえると『忙しかったけど、頑張って時間割いてあげてよかったー』って思うよな」(金融/25歳)

これも大切ですね。この男性のおっしゃるとおり、こういうデートで特別な「ありがとう」が言えると、また忙しいときでもしっかりとカレに時間を作ってもらうことができますよね。

3.相談に乗ってもらったデート

「彼女の仕事の相談とかに乗ってあげたデートとかでは、『すごいスッキリした。ありがとう』って言ってほしい。そうじゃないと、自分のアドバイスが全然役に立たなかったかと思ってしまう」(営業/25歳)

相談をする方は、自分の気になることを話すだけですから結構楽です。
逆に、乗る方はわりと神経を使うんですよね。悩んでいたりすると、相談相手にお礼を言う余裕もないかもしれませんが、忘れずにきちんとお礼を言いたいものです。

4.家まで来てもらったデート

「彼女の家遠いから、俺がそっちに行ったときには『わざわざ遠くまでありがとうー』って一言ほしいかも(笑)」(大学生/20歳)

これも些細なことですが、やはりしっかりとお礼を言ってあげたいですよね。夜遅くにひとりで電車に乗って帰るってかなり疲れますからね。

5.ごちそうデート

「おごってもらったら、やっぱりちゃんとしたお礼をデートの後にも言ってほしいかな。こっちだってボランティアじゃなくて、彼女に喜んでほしくてごちそうしてるわけだからね〜」(営業/26歳)

そうですね。若干男性のエゴも入っていますが、それでも私たちがごちそうしてもらったのは事実です。いくら相手がしたくて勝手にしたことでも、してもらった以上はそれに対してきちんとしたお礼をする義務があります。

おわりに

カレが頑張ってくれたときに、いつもと違った特別なお礼をしてあげることで「またしてあげよう」という気持ちにしてあげることができます。こうすれば、またカレから嬉しいことをしてもらえるわけですから、私たちも嬉しいですよね。
2人のために、この特別なお礼は必要なんです。(吉沢みう/ライター)

(ハウコレ編集部)
(長谷川万射/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)