2016.03.15

祝・大学生!先輩に学ぶ「春休みに私たちがやっていたこと」5選

高校3年生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。これから進学をする人、社会人の仲間入りを果たす人など、それぞれの夢によって進路も様々だと思います。

そこで今回は今年の春から大学生になる人に焦点を当てて「先輩が春休みにやっていたこと」についてアンケート結果をもとにまとめてみました。

1.同じ学部の子をSNSでチェック

「私の時代はmixiだったんですが、プロフィール欄に『春から○○大学へ行きます!』と書いている子が沢山いて。『どんな子がいるのかな~』と密かにチェックしていました。
同じ学部に進学する子からメッセージが送られてくることもありましたよ。」(26歳/受付)

世はSNS時代。FacebookやTwitterを使ってどんな子が同級生になるのか、前もってチェックしていたという女性が多く見受けられました。

中には学校が始まる前からグループLINEを作っていたという子も。まぁこれは色々と面倒くさいこともあるでしょうし、個人的には無理してやる必要はないと思います。

2.「良い人がいたら紹介して」と頼んで回る

「私は女子大に進学することが決まっていたので、共学に通う子には『誰か良い人いたら紹介してね!』『絶対合コンしようね!』と頼みこみまくっていました(笑)」(20歳/大学生)

大学生になると学校ではもちろん、サークルやバイト先などかなり人脈が広がります。

「女子大なので大学での出会いは望めない…」という人はこの機会に「良い人がいたら紹介して」と友達に頼んでおくのも良さそうです。

3.洋服やアクセサリーを買い込む

「大学生になったらオシャレな子が多いと聞いていたので、友達と一緒にマルキューデビューをして洋服やアクセを買い込みました。」(19歳/大学生)

高校時代とは違い、制服がないのが大学生。手持ちの洋服でコーディネートをするのはなかなか難しいものがあります。
ここは今のうちに思い切って洋服をまとめ買いしておきましょう!

4.メイクの練習

「高校生のころは校則が厳しすぎて、メイクなんて一回もやったことがなかった。大学生にメイクは必須だと聞いたので、頑張ってマスカラを塗る練習をしました。」(21歳/大学生)

大学って本当に色々な子が集まるので、見た目ってかなり重要。高校で普通にメイクをしていた子からすると、すっぴんなんてあり得ないと思われてしまう可能性も。

「あの子可愛いな」と思ってもらえるよう、最低限のメイクはできるようにしておいた方が無難でしょう。

5.短期アルバイト

「お姉ちゃんが大学生になりたての頃は良く『お金がない~でもバイトする時間もない~』と嘆いていた。その様子を見ていたので、私は春休みには短期バイトに徹していました。」(22歳/大学生)

3、4のようなお洒落に必須なものもお金がないと買えません。また、大学生活が始まると交際費などで色々と出費がかさみます。

それに加えて6月くらいまではバイトする余裕もないのが現状。春休みのうちに短期バイトをしてお金を貯めておくのも賢い選択と言えるでしょう。

おわりに

いかがでしたか?
良いスタートを切るためには、準備が肝心。素敵な大学デビューのため、今から計画を立てていきましょう!(和/ライター)

(ハウコレ編集部)
(横田彩夏/モデル)
(島村遥/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事