上司に対するコミュニケーションテク ハ行編 名前の最初の文字でわかるコトダマ診断


名前の最初の一文字には音韻のパワーが込められています。ア行~ワ行の10のタイプに分類される音の響きであなたの全てが分かります。

そこで今回は、音の響きを活用して性格を分類する「コトダマ診断」にて、ハ行のあなたが上司とうまくやっていくためのコミュニケーションテクニックをご紹介いたします。
(例)タイプの見つけ方:もし涼子なら…最初の一文字は「り」⇒ラ行タイプ

素直な木のタイプ……カ・タ行

・相手がカ行の人
このタイプの上司には、あまり甘えすぎないように気をつけましょう。あなたを受け入れてはくれますが、厳しい言葉をかけることも少ないです。
成長できなくなっては元も子もありませんから、頼りたいとき以外は自力で頑張るようにしましょう。

・相手がタ行の人
このタイプの上司には、できるだけサポートをするようにしましょう。この上司が活躍することによって、あなたが得られる利益も多いです。
また、助けたことで助けられるという相互作用もありますから、どんどん助けていきましょう。

エネルギッシュな火のタイプ……ナ・ラ行

・相手がナ行の人
このタイプの上司には、仕事の方針を尊重し、付き添うようにすると良いでしょう。そうすることで、互いに信頼関係を築いていくことが出来ます。また、上司と部下という関係を超え、対等のパートナーとして付き合えるでしょう。

・相手がラ行の人
このタイプの上司には、積極的に手を貸すようにしましょう。上司が知らないことやわからないことが、あなたにとっても伸ばすべき分野になることが多いようです。相手を助けている内に、自分自身も成長することが出来るでしょう。

情に厚い土のタイプ……ア・ヤ行

・相手がア行の人
このタイプの上司には、感情的にならないように気をつけましょう。基本的には非常に良い関係で、あなたがやりたいと思った仕事を、上司が積極的にサポートしてくれます。あなたがついやりすぎてしまうようなときがあるようなので、抑えることが必要なようです。

・相手がヤ行の人
このタイプの上司には、相手が今どんな仕事をしているのかをきちんと理解することが重要です。あなたは仕事が速いため、上司のやっていることが手抜きに見えるかもしれません。しかし、その仕事の姿勢にも意味があるということを意識しておくことが大切です。

さっぱり堅実な金のタイプ……サ・ワ行

・相手がサ行の人
このタイプの上司には、常に感謝の気持ちを持って接することが大切です。仕事に対する姿勢は似ているところがあり、調子が良ければスムーズに問題解決に当たることが出来ます。しかし、ぶつかると上司を消耗させてしまうので、注意が必要です。

・相手がワ行の人
このタイプの上司には、あまり口出ししないようにしておきましょう。仕事の相手としては悪くないのですが、じっくり取り組んでいる所にあれこれ言いたくなってしまいます。上司としての体面を尊重し、部下として待つことも心がけましょう。

柔軟で神秘的な水のタイプ……ハ・マ行

・相手がハ行の人
このタイプの上司には、自分がブレーキ役になることを覚えておきましょう。性質が同じため、一度リズムが合えばあっという間に素晴らしい成果を上げる相性です。その分、間違っていても止まりにくいので、冷静な目を持っておく必要があります。

・相手がマ行の人
このタイプの上司には、互いに違うタイプだということを心がけておくと良いでしょう。なんとなく気持ちがわかるような感じがするのですが、根本では向いている方向が違います。相手の言っていることは話半分で聞きつつ、指示には従うようにしましょう。

おわりに

生まれてからずっと呼ばれ続けてきたあなたの名前。もしも一日に100回呼ばれるとしたら、一生のうちで3百万回以上は呼ばれることになります。

それくらい日常的で無意識の内に「音の響き」が刷り込まれます。このコトダマ診断を活用してより楽しく素敵な毎日を送ってみてはいかがでしょうか?(草彅健太/ライター)

(ハウコレ編集部)