2016.03.17

この春から「学生彼女と社会人彼氏」。環境の変化に打ち勝つ「4つのポイント」って?

この春から年上の彼が新社会人となり、「学生彼女と社会人彼氏」になるというカップルはいませんか?
今までと環境が変わるぶん、「彼とうまくやっていけるかな…」と不安を抱えている女性も多いはず。

そこで今回は「学生彼女と社会人彼氏」の経験をもつ20代女性に集まっていただき、お話を聞いてきました。

1.頻繁に連絡が来ないのが普通

「今までは毎日彼氏と連絡とっていた子も、これからは無理だと思っていた方が良いよ。最初は寂しいかもしれないけれど、だんだん慣れてくるから大丈夫!」(24歳/通信)

学生と社会人では生活スタイルも大きく異なってきます。特に新入社員は、ゴールデンウィークまでは研修などバタバタが続き、男性も彼女まで手が回らないのが現状。

こればかりは放置しているわけではないので、彼の状況を理解してあげることが大切です。

2.飲み会=遊びではない

「彼がいつも飲み会ばかり行っていたので『私とは遊んでくれないのに飲み会には参加するんだね!』と言ったら『これも仕事のうちなんだからしょうがないだろ!』とキレられた。
社会人になった今、彼の言っていたことがようやく分かるようになりました…。」(23歳/営業)

つい勘違いしがちですが、飲み会も仕事の一部。彼も早く職場に慣れようと必死で食らいついています。

そんな時に「飲み会に行かないで!」と言ってしまうと、彼に嫌な顔をされること間違いなし。少し寂しい気もしますが、大学生活とは違うと割り切りましょう。

3.ご褒美彼女になる

「彼が社会人になりたての頃、貴重なお休みは癒し空間を作ることに徹していました。
今ではお互い気持ちに余裕が出てきたので、休日には外出デートもできるようになりましたよ。」(26歳/住宅)

仕事が忙しく、最初の頃は特にデートする回数も減ってしまうと思います。

そんな貴重なデートの時にケンカばかりしてしまっていては、彼も疲れが倍増。
「もう別れようか」なんてことにもなりかねません。ここは彼の疲れを癒すことのできる「ご褒美彼女」を目指してみましょう。

例えば料理を作ってあげたり、彼の好きなDVDを借りてきてあげたり…。そうすることで彼もより一層、あなたの存在を愛おしく感じるようになるはずです。

4.彼の一言にイライラしない

「社会人になった途端『学生って遊んでばっかだよな』と言ってきた彼にイラッ。
こっちだって就活とか卒論とか色々あるし、自分だってついこの前まで学生だったじゃん!と言いたくなりました。」(22歳/大学生)

仕事が忙しくなるとつい「学生は楽でいいよな」「大学生に戻りたい~」なんて言ってしまうもの。

いわゆる隣の芝生は青く見えるというやつです。何かと忙しい大学生活を送っている彼女からするとちょっとイラッと来てしまいますよね。

でも彼女が学生の場合、ほとんどの人が社会人彼氏にこのような「学生良いよな」発言をされています。
彼も忙しいのは事実なので最初のうちは仕方がないと思って我慢してあげましょう。そうしていくうちにだんだんと彼も言わなくなってくると思いますよ。

おわりに

いかがでしたか?まずは彼を温かく見守ってあげましょう。時間に余裕が出て来たら、彼も気を使ってくれるようになると思いますよ。(和/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事