苦楽を共にすれば2人は……カレとの仲が必ず深まる「苦労デート」・5つ


人間は不思議なもので、うまくいったことよりも、なかなかうまくいかず苦労したことの方が、あとで思い返して「あのときはよかったなぁ……」と思ったりするものです。

これはデートも同じで、たまには「今日のデート、辛いねぇ……」みたいなときを一緒に過ごした方が、いい思い出になることもあるはずです。

また、辛い出来事を一緒に体験した者同士って、必ず仲が深まりますよね。
そんなわけで今回は、20代男子30人に「マジで辛かったけど今となってはいい思い出な彼女とのデート」について聞いてみました。

1.登山

「山登りはガチでキツかったよ。高尾山に一回登って、『余裕じゃ〜ん!』って言って次ちょっと高い山登ったら、ほぼ死んだ(笑)」(公務員/25歳)

たしかに高尾山程度なら、ハイキングのノリで行けてしまいますが、あれは山を登っている感覚はありませんよね。

せっかくなら、わりとちゃんとした山登りにカレとトライして、お互いに慰め合って励まし合いながら一緒に登頂しましょう。
きっと下山する頃には、2人は夫婦のような固い絆で結ばれているはず。

2.天気が悪い日

「普通に、雨の日とかで渋谷とか新宿とか人が多いところでするデートもキツイよね。
家に着いたときの安堵感というか、『やっと着いたねー』って彼女と一緒にホッとする感じが好き」(大学生/20歳)

これくらいでも、全然いいかもしれませんね。服も濡れ、靴もびちょびちょになって、やっとこさ帰宅。

普通にお天気の日のデートの後で家に行くより、2人でぬくぬくしてくつろぎたい気持ちがずっと強いと思います。

3.知らない場所

「海外旅行とかって、海外だからいいんじゃなくて、右も左も分からない場所だからいいと思うんだよね。
なにも知らない場所で彼女と協力してなんとかエンジョイすることに意味があると俺は思う」(大学生/21歳)

いいことを言いますね。海外に限らず、国内でも、お互いに知らない場所で頑張って協力プレイをすることで、多少の苦労はあるかもしれませんが、「同じ釜の飯を食う」的な連帯感が芽生えるはずです。

4.行列デート

「人気のレストランとかスイーツの店とか、そういうめちゃくちゃ並ぶ店は、最後ようやっと入れたときに『2人でよく頑張ったよねー!』って励まし合っちゃう」(営業/25歳)

あとは、とにかく並びまくる遊園地なども同じでしょうね。2人の楽しみに向けて、延々と立ち続けるという苦行を乗り越えれば、もう一緒のお寺で修行をしたお坊さんのように、マブな関係になっているはず(?)。

5.ケンカ

「デートでケンカをしても、なんとかそのデートの中で仲直りまでいけたら、デートの残りの時間はかなりラブラブでいられるのってのは超あるあるなはず」(芸人/23歳)

たしかに、超あるあるですね(笑)、仲直り直後のカップルは、とにかくラブラブが爆発しています。あえてケンカをするのは難しいかもしれませんが、デート内でケンカが発生したときには、ぜひともそのデート内で仲直りできるように頑張ってみてください。きっと素敵なデートになるはず。

おわりに

いかがでしたでしょうか? カップルでいると、あまり「あえて苦しいことを」なんて思えないかもしれませんが、たまにはそういう辛くて苦しい経験を共有するデートみたいなものをしてみるのも、長い目で見たときに2人にとっていい思い出になるはずです。
カレといろんな経験をしていきましょうね。(P山P太/ライター)

(ハウコレ編集部)