うっかりやってない?むくみや脂肪を引き寄せる、意外なNG習慣3つ


こんにちは。セルフトレーニングコーチのNaoです。
魅力溢れる潤い美人になる“自分自身のための”セルフトレーニング、一緒にしましょ!

ダイエットやマッサージ、ヨガなどに一生懸命取り組んでいるのに、「体重は減っても手足が細くならない!」「むくみがとれない!」そんな場合は、次の3つの中に原因があるかもしれません。

キレイになるための努力を水の泡にしないよう、日々の生活の中から“おデブ習慣”を見つけ、なくしていきましょう。

1.イライラ

いつもイライラしている人や、怒りっぽい人は要注意。身体の動きや体内のはたらきの司令塔は脳ですから、脳が興奮状態になると、血管が収縮し、身体もガチガチに固まってしまいます。

すると血液やリンパ液などの体液の循環が滞り、むくみやすく、老廃物を排出しにくい状態に。太りやすい体質になってしまいます。

イライラしているばかりでは、周りの人も遠ざかっていってしまいますよ。魅力的な女性になるためにも、穏やかな気持ちで過ごすことが大切です。

2.頑張りすぎ

マッサージやヨガなどの美活を“頑張りすぎ”ていませんか?
疲労がスムーズに回復できなければ、代謝が低下し、運動効果も減退してしまいます。

ボディラインを引き締めたり、体脂肪を燃焼させたりするためには、体幹の筋肉を鍛えることが大切ですが、筋トレも、しっかりと疲労を回復する“いたわり期間”をとった方が、より効率よく鍛えることができるんですよ。頑張ったら、しっかり休むことも大切です。

3.ダイエット

ダイエットの“しすぎ”は代謝の低下のモト。過度な食事制限で、エネルギー源となる糖質、や筋肉や肌細胞の材料であるたんぱく質、代謝を高めるビタミン・ミネラル類が不足すると、むしろ太りやすい体質になってしまいます。

代謝が低下すれば老廃物をスムーズに排出できませんから、むくみや肌荒れに悩まされることも……!

■「身体をいたわること」も美活の1つ

心も身体もリラックスできる時間を作っていますか?
ほっこり穏やかな気持ちでゆったり過ごす時間を作ることも、美活の1つ。ストレスは体内を緊張させ、睡眠の質を低下させたり、疲労の回復を妨げたりしてしまいます。

大好きな食べものを食べたり、温かい飲み物でほっこりしたり、温かいお風呂に浸かってリラックスしたりする時間や、友達と思いっきりカラオケなどで楽しんだりする時間も大切。

身体が温まり、ゆったりした気持ちになれば、体液循環がスムーズになって、老廃物が流れやすくなります。思いっきり楽しむ時間をつくれば、ストレスを溜め込まずに発散できますね。

■頑張りすぎては、結果が遠のく


美活のためのセルフトレーニングは、ストイックに頑張るだけでなく、自身をケアすることも大切。時には厳しく、時には優しいコーチを目指しましょう。

イライラすることが多い場合や、頑張りすぎてゆっくり休んでいない場合、栄養不足になってしまっている場合には、生活習慣の見直しを。心が潤うと、自然と身体も潤い、より美しくなっていきますよ。(NaoKiyota/ライター)

(ハウコレ編集部)