顔の部位から相をみる!人相で見抜く自分と彼の性格 眉編②


よく「顔には生き方が刻まれる」と言われますが、これはまさにその通り。顔というのはその人のプロフィールを表しているものなのです。

持って生まれた顔は、両親や先祖から引き継いだものですが、後からつくられる顔は生活環境や考えが反映されてきます。
持って生まれた顔は簡単に作り替えられませんが、自分で作る顔はどのようにも変えられるもの。

そこで、ここでは自分と他人の顔を知り、人相上のタイプを見極める方法をご紹介いたします。今回は眉について見ていきましょう。

吉相1、一文字の眉

清らかで首尾一貫してまっすぐな一文字を描く眉の持ち主は、先見の明があり、有り常にチャンスをモノにするという吉運の持ち主。人情深く義理堅い性格で、人のためにひと肌脱ぐタイプと言えるでしょう。

健康面も良好で長寿の相ともされます。若くして一芸に秀でるので、得意分野を伸ばしていくといいでしょう。パートナーにした場合、ともに白髪の生えるまで一緒に寄り添うことのできる、安定感のある相手と言えます。

吉相2、蚕のような太眉

あたかも蚕(かいこ)が横たわっているような太い眉も吉相とされます。性格は角がなく、愛嬌がいい交際円満の相でしょう。他人と衝突することはほとんどなく、眉が整えられていて知的な印象があれば、頭の回転も速いと言えます。

人望があり、若くして学業などで成功を収めるため、どのような職業についても能力を発揮することでしょう。さらに短い眉ならお金に困ることもないはず。

吉相3、柳の葉の眉

柳の葉っぱのような柔らかな曲線で美しい眉の持ち主は、女性の場合、玉の輿に乗るとされる大吉相です。年少のうちからタレント性があり、人気者で活躍すると言えるでしょう。

また、血縁の情が深く、人のためにもよく尽くす相でもあります。友人関係にも厚く、人を信じる心が強く、他人からの引き立て運も持っているでしょう。眉尾が髪の生え際に入るくらい長ければ、聡明で行動も活発と言えます。

吉相4、新月のような眉

新月のように細く湾曲していて清らかな眉は、聡明で思慮深い相です。眉尾がこめかみ近くまで届いていると申し分ありません。
博学で文章に秀でる人も多いとされます。女性でこの眉なら、生涯、福運に恵まれるとされます。性格は円満で愛嬌があるため、誰からも好かれやすいでしょう。

しかし、その本質は忍耐強く「負けて勝つ」というような発想をもつところも。特に、26歳から運気が伸びていくでしょう。

おわりに

相を見る場合には、人相だけでなく骨相、手相、足相などさまざまありますが、人相の良さは顔を見ただけでわかるという利便さにあります。
人相は主に、輪郭、目、鼻、口、眉の形や色つやでわかるものですが、これは顔の美醜を問うものではありません。あくまでも人相上の善し悪しです。

一つ一つで運が決まるわけではないので、顔全体のバランスを見ることも忘れずに。顔はあなたの履歴書。是非大切にしてみて下さいね。(脇田尚揮/ライター)

(ハウコレ編集部)