陰陽五行で素敵な結婚を掴んで!円満ハッピー婚活レシピ 夏生まれ編


陰陽五行は2つの考え方と5つのエレメントで説明されます。「陰・陽」は、女性(陰)と男性(陽)がそうであるように、お互いを支え合っている存在です。このバランスがものごとの調和を保つものとするのが「陰・陽」の考え方です。

そして五行は木「春」・火「夏」・土「季節の変わり目」・金「秋」・水「冬」の5種で自然現象の四季変化を観察し抽象化されたもの。その思想に根ざして、結婚にまっすぐ向かっていくための婚活レシピをご紹介。

今回は火「夏生まれ」(5月6日~7月20日)の人に向けて結婚運UPのレシピを伝授しちゃいます!

夏生まれ(5月6日~7月20日)の人が結婚から遠ざかってしまう原因

いつも明るく周囲を照らす太陽のようなあなたですが、その反面、落ち込んだ時の陰りやネガティブさもかなりのもの。
あっけらかんとしているように見えますが、実は恋愛でのトラブルがあると夜も寝られないことが続いてしまうほど神経過敏な面も持っています。

いったん負の連鎖にハマりこんでしまうと、自分ひとりでクヨクヨと思い悩んでしまい、あなた本来の輝くような魅力にも曇りが見えてしまいます。自分なんて…と思い込んで、恋を自ら遠ざけないように気をつけましょう。

夏生まれ(5月6日~7月20日)の人が婚活する上で必要なエネルギー

あなたにとっては、水のエネルギーが意味する「冷静さ」が大切です。あなたが気をつけるべきは、いつも熱すぎて相手を疲れさせてしまうという点。
ときどきクールダウンすることが大切です。そうすれば、相手や状況を見て判断することができるでしょう。

相手のことも考えてあげることで、人間関係もちょうどいいバランスになるはず。そこで今回は水のエネルギーを取り込み、身体の熱を冷ます食べ物で知的に対応できるレシピをご紹介致します。

夏生まれ(5月6日~7月20日)の人の「婚活」レシピ

メイン食材…熱をとる「トマト」
トマトと玉葱のマリネ

・材料(2人分)
トマト…1個
玉葱…1/2個
ローズマリー…少々
にんにく…1片
A  EVオリーブ油…大2
レモン汁…大1
   塩、こしょう…各適量

・作り方
1.トマトと玉葱はスライスし、Aに2時間程漬け込む。
2.にんにくをすりおろしたものと、ローズマリーを加える。

円満ハッピーのための「婚活」レシピがもたらす効果

この自分磨きレシピを、不足しがちな「水のエネルギー」を高めたい時に食してみて下さい。不足しがちな症状を緩和する食材としては、豚肉や鴨肉など旨みの詰まった肉類。

かに、うに、牡蠣などの魚介類、きゅうりやトマト、ゴーヤなどの野菜類、その他、こんぶやみかん、豆腐、味噌などが効果的。熱くなりがちな性格を冷ますには、水分が豊富に含まれるものを食する事がポイント。冷静さと判断力が高まり、愛され体質になることでしょう。

おわりに

中国古来の文献には、食べ物の持つ属性が陰陽五行の観点から人体に与える影響について書かれています。薬膳料理などが「身体で弱い部分は、食べて補う」という発想なのと同じということですね。

易学研究で有名な陳怡魁(ちんいかい)先生もこの点に注目し、色の重要性を説いているとされます。自分の持つ性質から、自分に必要な栄養を取り入れる、この「開運レシピ」。どうぞ日々の食生活の中に取り入れてみて下さいね。(脇田尚揮/ライター・料理研究家HITOMI/監修)

(ハウコレ編集部)