2016.03.22

「ねぇ○○クン……あれ聞いてない?」男子に話しかけたのに聞こえてないときの自分フォロー・5つ

気になる男子とお話しようと、「ね〜」と話しかけたのに、あなたの声が小さいのか、その男子が耳クソ溜まり過ぎなのかわかりませんが、無反応。
これって地味にショックですし、かなり恥ずかしいですよね(笑)。
なんとか自分で自分を見事にフォローして、ピンチをチャンスに変えたいところ。

このフォローがうまくいけば、その話しかけようとした男子にも、ひょっとしたら他の男子にも、「かわええ……」と思ってもらえるかもしれません。

そこで今回は、20代男子30人と一緒に「男子に話しかけたのに聞こえてないときの上手な自分フォローの方法」について考えてみました。

1.勇気を出してもう一回

「まずは単純にもう一回『ね〜』って呼べば? 声を大きくして。これが無難でしょ」(大学生/21歳)

たしかにほとんどの人がこれをするでしょうね。これはもはやフォローとは言えないほど一般的な方法です。面白みがないので、2回目で男子が気づいてくれたら「もう〜、二回も呼んだよ〜?」みたいに言ってあげたらかわいいでしょう。

2.「聞こえてない……」とひとりごと

「誰かのことを呼んだけど聞こえてなくて、『あれ……』とか悲しそうにひとりで言ってる女子ってなんかかわいいよね(笑)」(大学生/22歳)

これは、話しかけたい男子へのアピールにはなりませんが、あなたの近くにいる男子へのアピールにはなります。この、自分に自分でツッコミを入れる感じがとてもかわいらしい。

3.しょぼん

「振り向いてもらえなくて露骨にしょぼんとしてる女子も超かわいい」(フリーター/23歳)

これも2同様に、お目当ての男子ではなく近くであなたを見ていた男子に対するアピールになりますが、かなりかわいく、あなたの彼氏候補の男子を増やせる作戦だと思うので、ぜひやっておきたいです。

4.すぐにLINE送る

「『今呼んだけど、無視されたよ』ってLINEが来たりしたらかわいいと思う。すぐに戻って追いかける!」(専門学生/20歳)

1みたいにもう一度呼ぶのもいいですけど、もう恥ずかしくてそれはできないってことで、このようにするのもいいかもしれませんね。

わざわざLINEをしてくるほどさみしかったのかと思うと、なかなか抱きしめたくなってしまいます(笑)。

5.追いかけてすそを掴む

「たたたたーって追いかけてきて、『ねぇっ!』て服をグッて掴まれたらすげーキュンとしそう」(営業/23歳)

それで、「私、呼んでるけどっ!」とちょい怒りめで言いたいですね。こんなの、されたいなー! かなり勇気がいるかもしれませんが、それだけのリターンは期待できるはずです。

おわりに

いかがでしたでしょうか? こういうときにクールを気取って、「別に話しかけてないしー。私もどっか行っちゃおうー」としたって、誰も見ていませんし、誰が見ていたとしても少しもかわいくありません。これではピンチがピンチのまま。もったいないですね。

自分がちょっと恥ずかしい感じになってしまったときこそ、「かわいい」を獲得するチャンスなんだと思ってください。(P山P太/ライター)

関連記事