誤解されてるかも?!男性が「彼氏いそうだな…」って思っちゃうSNS投稿4つ


SNSって、女友達の楽しそうな投稿を見ると「私はもっと凄い内容を載せたい!」と張り合いたくなってしまうところがありますよね。

でも、女同士のマウンティング投稿って男性に見られると損な点も多いんです。男性が「彼氏いそうだな」って思ってしまうSNS投稿をまとめました。

1.相手が写っていないレストランの画像

料理やお酒だけ写っていて相手が写っていない写真や、投稿者の女性1人だけ写っている写真はよくFacebookで見かける「リア充投稿」の典型的なパターンですね。

そこが高級レストランではなかったとしても、相手が明らかにされていなかったとしたら「男と行ってるのかな」と思うのが自然です。

特に普段女友達との写真をよく載せているのにも関わらず、たまに相手を載せない写真を上げる人に対しては「きっと彼氏がいるんだろうな」と考える人は男女問わず多いでしょう。

もし、モテそうに見せる演出でそうしているのであれば問題ないですが、実際には違うのであれば、誤解されてしまうのはもったいないかもしれませんよ。

2.男性と写っている写真が多い

ツーショット写真じゃなくても、男性とよく遊んでいそうな写真が上がっていると「どうせ彼氏いるんだろうな…」と男性は感じてしまいます。

飲み歩いてばかりいる投稿も男性ウケは良くないので、頻繁に投稿しているのであれば恋のチャンスを逃してしまっているかもしれないですよ。

他にも、直接男性が写っていなくても車の中の画像やタバコなど男性が持っていそうなものが写り込んでいると要注意。男性の影を想像するので、それが兄弟やただの男友達であっても誤解を招いてしまいます。

3.車、バイク、ゴルフ、サーフィンなど男性が好む趣味が多い

女性だけでは移動が難しいスポーツの話題が上がっていると、連れて行ってくれる男性がいるんだな…という印象を読み手に与えます。

特に、サバゲーやスノボなど大人数のグループで行くスポーツと違って少人数で行く趣味に関しては彼がいないと行かないだろうなと判断する男性が多いはずです。

また、映画、遊園地などデートで行くような場所がSNSに上がっていることが多いと「彼氏と行っているんだろうな」と思われてしまいます。

4.やたらおしゃれな部屋

普通のOLのお給料では暮らせなさそうな豪華な部屋が写っていると、実際は親が援助してくれているといったことであっても、男性が想像するのは彼氏やパトロンの存在です。

自分でしっかり稼いでいたとしても、それはそれで男性が気後れしてしまうかもしれないので、あまりにもおしゃれ過ぎる部屋を載せるのは考えものです。

おわりに

FacebookやツイッターなどのSNSのほとんどがリア充投稿で盛られていると冷静に見る男性もいますが、どちらかというとまだまだ素直に受け止める人も多いです。

全てを赤裸々に書く必要はないですが、「次はデートで来てみたい」などの一言が入っているだけで「あれ?!この子彼氏いないんだ!もしかしれ俺へのアピール?!」などと至極素直に取るのが男性です。

使い方次第で恋のチャンスを引き寄せることも、逃すこともあるのがSNS。
たまには自分の投稿を振り返ってみるのも良いかもしれないですね!(上岡史奈/ライター)

(ハウコレ編集部)