鵜呑みにしちゃダメ!?男子が女子にサバ読みor盛りがちな「恋の数字」・5つ


男性は、女性に対して見栄を張りがちです。
とくに、女性から恋愛に関する質問をされたときには、自分をより「イイオトコ」に見せようと、数字をごまかしてサバを読んだりしがち。

こういった数字を鵜呑みにすると、場合によってはみなさんがその男性の本当の姿を誤解してしまうかもしれませんので注意が必要です。「少し嘘かなー……?」と思うくらいに聞いておいた方がいいでしょうね。

ということで今回は、男性の方々に「サバ読みしてしまいがちな数字」について聞いてみました。

1.これまでの平均交際期間

「女子に『これまで付き合ったときは、だいたいどれくらい続いてたの?』とか聞かれると、だいたい1,5〜2倍くらいの期間を言いがち。
本当は9ヶ月が最長で、いつも半年くらいで終わってるけど、それは印象よくないでしょ?」(フリーランス/24歳)

こういう質問は、難しいですよね。あんまり短すぎると、「この人付き合うと長続きしないのかな……」と思われてしまうかもしれません。

かといって盛りすぎはいつかバレてしまいます。平均交際期間だけではなく、最長期間についても男性は盛りがちだそうです。

2.初体験

「女子には負けたくないので、初体験はまず女子のを聞いてから、それが俺より早かったら、ちょっとそれよりも早い年齢を言います(笑)」(美容師/23歳)

これは単なる見栄ですね(笑)。1と比べて、全然嘘をついても意味がなさそうなところなのに、つい嘘を言ってしまうのが男性らしいです。

「誰と?」とか「いつまで続いたの?」とか細かく聞いていけば、簡単にボロが出そうです(笑)。

3.告られた人数

「自分は今まで告白された人数を盛ります(笑)。本当は1人ですが、だいたい5、6人とか言ってます」(公務員/25歳)

5倍は盛りすぎじゃないでしょうか(笑)。そもそも、告白は普通「男性→女性」ですから、女性の方が告白された人数が多くて当然といえば当然なんですけどね。

4.自分の家と女性の家との距離

「家が近いほうが付き合ってくれやすそうじゃん? 
だから、『どこらへんに住んでるの?』とか聞いたら、本当は電車で45分くらいかかるところでも、『へえ、30分かからないくらいだ。近いね!』とか言ったりする」(ウェブ系/25歳)

それこそこんなの、すぐにバレてしまうような気もしますが……。

しかし、「家が近い」というのはたしかにお付き合いするときに重要なポイントになりますよね。この嘘は、その男性なりのアプローチなのかもしれません。

5.エッチの長さ

「早漏なのを隠して、セックスの耐久力がかなりあるフリをする。『いつも30分くらいかなー』とか。
下ネタトークになったときにしか使わないから、そんなにいつもいつも言ってるわけじゃないですが」(営業/24歳)

たしかに、そもそも男性にこんな質問をする機会はなかなかないかもしれません。

しかし、飲み会などでたまたまそういう流れになることはあるかもしれませんね。「長くない?」と思ったら、だいたい盛ってると思っていいかもしれませんね。

おわりに

1のような、重要な嘘はなんとか見抜く必要はあります。しかし、1〜5のような嘘をわざわざついてくるということは、その男性はあなたによく見られたい。

つまり、あなたに少し気があると思っていいと思いますよ。嘘をついたからって、不誠実だなんて思わないであげてくださいね。男性なりの努力でもあるわけですから。(吉沢みう/ライター)

(ハウコレ編集部)