「ダイエット法を探しているうちは、体重も体脂肪も減らない」ワケ


こんにちは。セルフトレーニングコーチのNaoです。
魅力溢れる潤い美人になる“自分自身のための”セルフトレーニング、一緒にしましょ!

夜な夜な「簡単 ダイエット」「効率的 ダイエット」とググって“できるだけ短期間にシェイプアップさせる方法”を探しているのに、全然いい方法に巡り会えない。

というか、探せば探すほど、何が正しいのか、どれが自分に合っているのか分からなくなる!そんな“ダイエットの無限ループ”にはまっていませんか?

「もっといい方法」や「正しい方法」を探し続けているうちは、ダイエットのスタートラインにすら立てません。
あなたを、あなたが欲する魅力的なボディラインに変えることができるのは、あなただけ。

自分に合った、“一生続けられる”ダイエット法に“調整”していかない限り、成功は見えてきませんよ。

ダイエット法は『探す』ものではない

「朝のフルーツはダイエット効果抜群」「フルーツには糖質がたっぷりで食べすぎれば太る」
「野菜はいくらでも食べていい」「根菜はカロリー高いからNG」
「ダイエットを加速させるには肉も食べよう」「いやいや、脂肪分摂りすぎでしょ」

フルーツしかり、野菜しかり、肉しかり……
「ダイエット効果抜群」という意見もあれば、「いやいや、太る場合もあるよ」と反論も後をたたないのが“単品ダイエット”に選ばれる食品たち。

どんなダイエット法にも、メリットとデメリットがあります。
「これさえ食べ続けていれば、絶対に痩せることができる食品」などこの世にないし、逆に「一口食べればたちまち太る食品」だってないのです。

私はライターという仕事柄、取材を通してダイエットや美容、健康分野のプロフェッショナルからダイエットのコツを教えていただく機会がたくさんあります。

美しさと魅力たっぷりの美人たちは、どの人も運動や食事の工夫を“自分に合ったスタイル”に調整し、続けている。

「これさえ食べればいい」「これだけやればいい」魔法のようなダイエット方を探し回ることなく、毎日確実に美しくなるための行動を実践しているのです。

“これさえやればみるみるうちに思い通りの体型になれる、たった一つのダイエット法”などこの世にはないのですね。

「それじゃぁ、ダイエットってやっぱり苦しくて我慢ばっかりで大変なことなの?」
いいえ、そうではありません。“ダイエットは、美しく生きること”だと気づけば、ダイエットがとても簡単なことだとわかるはずです。

あなたに合ったダイエット法は「自分を知る」ことで見えてくる

「ダイエットにはカロリー制限がいいの?それとも、やっぱり運動しないとダメ?」

多くの人が「今すぐ教えてほしい!」と望むこの質問、実は“答え”なんてありません。

標準体型の人がもっとボディラインを引き締めたかったら、筋トレやストレッチなどの運動が有効。食べないダイエットをしてはボディラインを引き締める筋肉が弱り、皮膚が垂れたり、げっそりしてしまいます。

標準体型を目標にする場合は、運動するよりも食事スタイルを変えたほうがずっと早くやせることが可能。体脂肪を減らさずに筋肉だけ増やしても、外側のボディラインに大きな変化を起こすことは難しいからです。

こんなふうに、目指す体型やダイエットスタート時の状況(体重や体型)によって取り入れるべき方法は違うもの。

また、体質や体格、ライフスタイルは人それぞれですがから、痩せやすい体質作りの方法や、摂取すべき栄養素も、人によって違うのです。

何なら続けられる?何ならストレスを溜めすぎない?どんなものが太りやすい(これも人によって違いますよ)?どんなときに食べ過ぎてしまう?

あなたを変えるには、あなたを知ることが必要です。

あならしいダイエット法に整えよう

ダイエットを成功させるには、自分のことを知り、自分を変えるトレーニングを実践することが大切。

星の数ほどある“ダイエット効果の期待できる食事法や運動法”は、自身を変えるトレーニングの道具。自分をレベルアップさせるために、上手に選びとっていくものです。

たとえば、食事内容。人によって好きな食べ物は違います。いくら健康に良くても、ダイエット効果が高くても、それを食べることが苦痛でしょうがなければ続きません。
ストレスが爆発して定期的に暴食するようでは、逆効果になってしまうことも。

逆に、太りやすいと言われる食材でも、カロリーオーバーにならなければぶくぶく太っていくことは難しいのです。

あなたが変わる方法は、あなたに合った道具を選び、工夫を加えて整えていくことで手に入ります。

自然に楽しく『続けられる』方法を


ダイエットを加速度的に成功させる人は、痩せるための食事や運動を、自分にぴったりの“続けられる”方法で実践しています。

あなたのボディラインを変えるライフスタイルが“当たり前”になったとき、欲しいあなたが手に入ります。

ダイエットは、どれかの方法に挑戦することよりも、自分に合うように調節しながら続けていくことの方がずっとずっと大切。“あなたらしい”ダイエットに取り組んでくださいね。(NaoKiyota/ライター)

(ハウコレ編集部)