ゆるふわの時代は終わった!?イマ目指したい「モテるデキ女」とは


みなさんこんにちは。
ハウコレライターの神野悠です。
周りでモテる女の子はどんな女の子でしょうか?

いわゆる可愛いらしい女の子は確かに人気かもしれませんが、なんだかんだ「デキ女」がモテているような気がしませんか?

そこで今回は、できるとポイントアップ間違いなしの5つのことについて紹介したいと思います。

1.料理

「もうこれは鉄板でしょう。また食べたいなって思うご飯を作ってくれる人って、やっぱりモテますよね」(24歳/会社員)

確かに鉄板ネタです。
好きな人にご飯を振る舞う機会がきたら、必要以上に張り切ってしまうこともありますよね。

ただ、男の人からすると時間のかかる豪勢な料理よりも、あるものでパパッとできる料理の方が実はポイントが高いそうですよ。
冷蔵庫にあるものでサクッとおつまみを作れるようにしましょう。

2.掃除

「収納上手な女の子って、きちっとしてる感じがしていいですよね」(20歳/大学生)

「職場の机がすっきりしてる人の方が女の子らしい!収納上手は器用にも見えるし、そういう子がいいですね」(23歳/コンサル)

みなさん、自分の部屋の掃除は完璧ですか?掃除が苦手という方は多いですが、できて損はないようですよ。
苦手な方は克服のために頑張ってみてくださいね。

3.仕事や勉強

「単純に話ができて面白いっていうのもありますし、まったく違う仕事だとしても同じように頑張っているものがあるって良いなって思います」(26歳/商社)

頭の良い女性はモテないなんて言われることもありますが、仕事や勉強をてきぱきとこなす人のことを素直に凄いと思う男性が増えてきています。話の引き出しも多くなって、お互いに刺激になるようです。

4.綺麗な言葉遣い

「どんなに可愛い子でも、汚い言葉遣いだったり、めちゃくちゃな日本語だったりするとと、彼女にしようとは思わないかも…。
やっぱり綺麗な言葉を使って欲しいですね、どんなときでも」(21歳/大学生)

汚い言葉だけではなく、流行している若者言葉でもむやみやたらに使う女性に抵抗がある男性は多いようです。

言葉は人の心を映すと言いますし、どんなにノリの良い場であったとしても、綺麗な言葉遣いを心がけたいですよね。

5.幹事・計画

「幹事とか遊びの企画とかばしっとできる女の子っていいですよね。面倒見いいだけじゃなくて、周りのこと考えられる子は優しいんだなって思います」(26歳/営業)

幹事は何かと面倒なことが多かったり、お金の管理やスケジュール調整など、周りを気遣いつつもまとめる大変なポジション。男性がやるものという感覚があるかもしれませんが、それをすすんで引き受ける子は好感度アップですよ。

リーダーシップをとれる女の子は貴重ですし、男女問わず尊敬されることも多いです。普段は楽しませてもらっている側の人は、お花見の企画をしてみるのはいかがでしょうか?試してみてください。

おわりに

いかがでしたか?高飛車にさえならなければ、ハイスペックな女子はモテる要素満載です。細かいところに気を遣って、デキ女を目指しましょう。(神野悠/ライター)

(ハウコレ編集部)
(黒田真友香/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)