2016.03.25

ありがちな「タイミング問題」…。年下の彼に結婚を意識させる方法とは

無邪気で可愛い年下の彼は、年上であるあなたを癒してくれる大切な存在ですよね。でも、年下の彼と付き合っている女性に多く見られる悩みがあります。それは「結婚に対する価値観の違い」。

そろそろ結婚を焦り始める女性に対して、まだまだ遊びたい年下彼氏では、結婚のタイミングが合わないこともあります。ではどのようにすれば彼らに結婚を意識させることが出来るでしょうか。今回は、実際に年下の彼氏と結婚した女性にインタビューしてきました!

1.彼のお母さんを味方につける!

「彼のお母さんと仲良くしていたおかげで、『あの子と結婚したら?』って結婚の後押しをしてもらいました。
男性は母親の意見にはけっこう弱いですからね。お母さんと仲良くするのは後々の関係でも大切なので、良かったと思います。」(28歳/秘書)

直球勝負ではなく周りから固めて彼に結婚を意識させる方法ですね。とはいえ、家族や友人総出でプレッシャーを与えると、彼が逃げ出したくなってしまうかもしれません。

そのため、ここは一番心強い味方である彼のお母さんを味方につけましょう。母親からの後押しに、彼も結婚を考え始めるでしょう。

2.彼を献身的に支える

「彼が風邪をひいて寝込んだり、何か落ち込んでいる時に、そばにいてあげるようにしました。
弱っている時にそばにいてくれる人って、ずっと一緒にいたいなって思いますよね。それで彼も結婚を意識してくれました。」(26歳/アパレル)

落ち込んだり、風邪をひいている時は何かと心細くなってしまうものですよね。そんな時、そばで献身的に支えてくれる人がいると自然と結婚を意識するものです。

定番中の定番ですが、効果的な方法です。甘やかすのではなく、彼が弱っている時に支えとなる行動を心がけましょう。

3.結婚している友人夫婦と過ごす時間を取ってみる

「彼と共通の友達が結婚して、遊ぶ時に自然と近くに友人夫婦が目に入るようになりました。
幸せそうな二人を見ていたら、結婚っていいものだなぁ…と彼も思うようになってくれました。」(27歳/サービス)

結婚を意識しないのは、結婚が自分にとって遠いものだから。でも、自分にとって身近な人が結婚をすると、結婚の良さを知る機会ができ、彼の考えが変わることもあります。

友人夫婦などと過ごす時間を増やすことで、楽しそうな夫婦関係を見て結婚願望が生まれるかもしれません。

4.同世代の人より大人であることを伝える

「私は彼に『落ち着きがあって頼れる』とか『大人っぽいよね』と、彼が同世代の人よりも大人の男性であることを褒めました。
そうすることで自分が引っ張っていこう、と思ってくれたらしく、結婚も意識しやすかったみたいです。」(29歳/専業主婦)

まだ遊びたい、まだ若いから、という理由で結婚を考えない男性は多いようです。そんな彼には他の同世代の男性と比べて大人に見えることを伝えましょう。

自分が大人の男性であることを自覚すると、考え方も自然と変わり、結婚にも意識が向くでしょう。

おわりに

いかがでしたか?年下の彼氏とはお互いに結婚したいタイミングが合わないことがあるかもしれません。無理に彼に迫っても重たく感じてしまうだけ。

そんな彼に結婚を意識させるためには、自然な形で結婚を意識させるように行動しましょう。彼が結婚へのあこがれを持ってくれれば、きっとあなたとの将来も考えてくれますよ。(恋愛エステティシャン桜子/ライター)

(ハウコレ編集部)
(山田彩乃/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事