2016.03.26

なんか色っぽい!食事中にできる「大人でセクシーな手の使い方」5つ

食事中には、基本的には相手の上半身しか見えていません。
とくに、相手の手の動きはすごくよく目につきますよね。変な動きをしていたらすぐに気づきますし、逆に手の動きが洗練されていると、それだけで相手を「セクシーな人」と思ってしまいます。

みなさんは、食事中に手を魅力的に使えていますか?
今回は、20代男子30人に「食事中にされたらグッと来る女子の『手の使い方』」について聞いてみました。
次の男子とのディナーから、ぜひこれらを実践してみてください!

1.手をひじに添える

「遠くの料理を取るときとか、飲み物を飲むときに、手をさっと反対の手のひじに添える女性はすごくセクシーだよね。上品」(営業/27歳)

まずはこちら。もちろんこれは、本来なら服が汚れないようにという配慮のもとでの仕草なわけですが、別に袖がダランとなった服を着ていないときでも十分魅力的な仕草たりうると思います。

「手をひじに添える」という動きそのものが、品がありますもんね。

2.手を口に添えて笑う

「食事中は、手を口に当ててお上品に笑ってほしいな。その手は、グーじゃなくてパーね」(トレーナー/28歳)

咳をするときのようにこぶしを当てて笑うのではなくて、手を開いてサッと添えて笑います。これだけでかなり大人な雰囲気が出るんじゃないでしょうか。
「オホホホー」とは言わないでくださいね(笑)。

3.指でサッと唇を拭く

「指先を使って、唇の周りについたソースとかをサッと拭く仕草は魅力的。セクシー。一本の指だけでスマートにぬぐってほしい」(フリーター/25歳)

女子の唇、それから女子の指先。この二大「セクシーな部位」のコラボですから、セクシーなのは当然ですね。

もちろんそのぬぐった指は、カレの服や自分の服やテーブルの端で拭かずに、紙ナプキンなどで拭くこと。

4.グラスのふちを拭く

「かなりテッパンだけど、やっぱりグラスについた口紅をぬぐうのはなんかエロいよね」(薬剤師/26歳)

これはおそらく、いろいろな恋愛コラムで「魅力的である」と紹介されている仕草だと思います。

かなり普及しているものですが、それでも男子の人気は未だ根強いので、紹介させていただきました。まごまごせずに、一瞬でサッと拭きとるのがコツですね。

5.使わない手はテーブルに少し置くように

「テーブルの下に手を隠してるというか、置いている女子は、なんかぎこちない感じだよね。
あんまり横柄に見えないように気をつけつつ、使ってないときの手は手首くらいまでテーブルの手前の端に乗せるのが優雅に見えるコツ」(飲食店アルバイト/24歳)

幸運にも飲食店で働く男子からのアドバイスを頂けました。このように手をスタンバイさせておくと、図々しい感じも出ず、かといって臆病な感じも出ず、自然に大人な雰囲気を醸し出せるのだそうですよ。ぜひ参考に。

おわりに

いかがでしたでしょうか? 冒頭でも書いたように、食事中のあなたの手は予想以上に注目されています。

箸などの食器の使い方をきちんとするのはもちろん、これらのプラスアルファの手を使い方でさらに魅力をまとってくださいね!(P山P太/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事