ユング心理学×西洋占星術でわかる「乙女座とあなたの相性」


ドイツの心理学者ユングは、質問により人の性格を「思考・感情・感覚・直感」の4タイプに「内向・外向」の2類型を合わせた計8タイプに分類しています。

その8タイプ分類に、西洋占星術の「12星座」を組み合わせ、より詳しく性格を解説するのが、この「ユング心理占星術」。心理学と占いの観点から、科学的にエレメント別に各相性をご紹介致します。今回は乙女座への接し方についてみてみましょう。

まずは、このテストに答えてください。次のうち一番近いものを選んでみましょう。

Q.あなたは誕生パーティーに呼ばれました。そこでケーキが登場。さて、あなたはどうしますか?

1、人数をまず確認し分ける   2、カロリーや成分をチェックする
3、自分の好きな人に切り分ける 4、一番大きいのが誰か気になる
5、ロウソクを立てていく    6、どこのケーキか調べる
7、誕生日プレゼントを知りたい 8、今日は何の日か気になる

それでは、乙女座とどう接すればいいのか、あなたの選んだ番号を見ていきましょう。

1、2のあなた…思考型:サポートすることで協力者に

あなたにとって乙女座は、細かい性格と批判精神の持ち主であるため、周囲の人の本当の気持ちをわからずに行動してしまうところが。本人は善意でもお節介であることも。

そこであなたが橋渡しをしてあげることで、緩衝材的な存在になってあげましょう。そうすることで、乙女座の人にとって手放せない存在となり、感謝されるでしょう。あなたの理想を叶える素晴らしい協力者になってくれる可能性も。

3、4のあなた…感情型:自分からまず歩み寄って

あなたにとって乙女座は、言わなくても気持ちを汲み取ってくれる相手とは言い難いかもしれません。喜怒哀楽を表現するのが苦手なため、周囲に誤解されることもしばしば。そのため、

あなたが相手の気持ちに寄り添い、伝える努力をする側になりそうです。何事も理由をきちんと相手に伝えるようにすれば、納得して動いてくれるでしょう。感情面の弱いところを補ってあげることで、お互い理解し合えるはず。

5、6のあなた…感覚型:信頼できる気配りの人

あなたにとって乙女座は、急激な変化にも臨機応変に対応できる柔軟性のある存在。日頃から周囲への気配りも欠かさず、細かいところにもよく気がつく好印象の相手と言えます。

やや完璧主義が行き過ぎて、重箱の隅をつつくような発言も見受けられますが、基本的に信頼できる人です。ただ、ミスした時などに情に訴えかけても通じる相手ではないので、対策面で改善点を話すと良いかもしれません。

7、8のあなた…直感型:有能だけどやりにくい相手

あなたにとって乙女座は、分析力や計画力に優れる有能な相手と言えるでしょう。ただ、感情的なものを軽視する傾向にあるので、人間関係においてはドライで協調性が薄く、浮いてしまう人と感じるでしょう。

会話の際にも、雰囲気を無視して理屈を通そうとするため、少しやりにくいと感じるかも。本人は失礼なことをしている自覚はないので、少し注意しつつ上手くやっていくとサッパリした関係に。

おわりに

これまで星占いなどで、星座で言われている自分と実際の自分が違っていた、なんてことはありませんでしたか?

それはこのユング心理学のタイプ論を併せてみることで修正されるはず。ユング心理学では、本来のその人の持つ本質を正しく理解することで、自己表現力や他人への理解力が高まるとされます。

つまり、占いだけでなく、心とよく向き合って、性格に合わせた心地いい生き方を選ぶことが重要なのです。あなたの心の本質と生まれ持った先天的な資質を組み合わせれば、きっと人間関係も円滑にいくでしょう。(脇田尚揮/ライター)

(ハウコレ編集部)