2016.03.29

【七曜星風水】二人を愛の絆で結ぶ土星レシピ

星のパワーで運気アップを目指す「七曜星風水」。
開運レシピ・シリーズの第七回「土星」です。

食事によって惑星パワーを受け取る方法を、いろいろご紹介していきます。
今回は “土星パワーを受け取り、二人を愛の絆で結ぶ”のためのスペシャル・レシピです。

1.土星は愛する二人を固い絆で結ぶ

土星のパワーは重くて動きがにぶいため、効果が出るまでに時間がかかります。ですから、他の星のパワーを受け取るよりも労力や忍耐が必要です。そのかわり、強固で永続的なので、めったに失われたり崩れることがありません。

土星のパワーをしっかり受け取りたかったら、とにかく、あせりや迷いは禁物。強い意志を持って、そのパワーを受け取り続けることです。また、すぐに効果が出なくても、決して疑ったりしないで、信じきりましょう。
もちろん、あなた自身の彼への愛も、あきらめたり投げ出したりしないこと。

そうすれば土星のパワーは、ゆっくり、じわじわと効いてきます。そして、知らず知らずのうちに、二人の絆は深まっていくでしょう。

2.土星の黒&鉛色&アースカラー

土星カラーは、まず、漆黒からクロユリのような黒紫色までの黒っぽい色。そして土星の金属である鉛のグレーと、土星の象徴する大地や山などのアースカラー。

どう考えても、太陽から金星までの、華やかな色彩とは程遠いラインナップですね。しかし、地味ながら着実で固い、長い年月を経ても変わらない、という土星の象徴する深い意味を持つ色なのです。他の星では実現できない、土星ならではのスタミナや確かさを表す色だ、ともいえるでしょう。

ですから、二人が変わらない愛を誓いあい、固い絆で結ばれるためには、この土星カラーを使うのが最も効果的なのです。

3.土星カラーの食べ物や飲み物

きわめて土星的なフードには、黒毛和牛のジャーキー(燻製)や、フランスの伝統菓子で山羊乳の黒チーズケーキなどがあります。色も黒っぽい土星カラーですが、黒牛も山羊も土星が象徴する家畜であり、代表的な土星アニマルだからです。
そして「伝統」や「燻製」、チーズの「発酵熟成」もまた、土星が象徴しています。

また、乾物は土星が象徴するフードの一種なので、黒っぽい乾物は土星フードとなります。たとえば、キクラゲ・干しシイタケ・黒トリュフ・ノリ・ヒジキ・コンブ・黒ゴマ・黒豆などですね。

それから、ジャガイモやゴボウやレンコンをはじめアースカラーの根菜類、土星が象徴する魚介である牡蠣も土星フードです。とくにレンコンは、穴が空いているところも土星的ですし、見通しが良くなるという吉食材でもあります。しかも健康にも良いので、とてもオススメです。

飲み物は黒ビール、コーラ、黒蜜入りドリンク、黒酢ドリンクなど。飲み物の場合、色合いが土星カラーであれば、材料にはあまりこだわらなくてもいいでしょう。

4.効果的にパワーを受け取るには?

土星のパワーを受け取るのに適した調理法としては、長時間グツグツ煮込むシチューや、発酵させる漬物とか馴れ寿司(なれすし)、味噌炒めなどがあります。でも、黒やグレーやアースカラーに見える料理なら、揚げ物でも和え物でもサラダでもかまいません。

そして、バルサミコなど長期熟成の黒酢を使った酢の物や、黒砂糖を煮詰めた黒蜜を使ったデザートなどもいいでしょう。

また、昼間よりは夜の食事がラッキー。たとえば、深夜に食べる夜食などは、土星フードを食べるには打ってつけといえそうです。

おわりに

確かな愛を望むなら、たとえ時間はかかっても、高い山に登るように、一歩一歩踏みしめながら前進することです。土星の偉大なパワーを受け取り、彼との絆を強固にしていきましょう。(隆速治沙/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事