2016.03.31

古典的なんて言わないで!彼が密かに女子にされたいと思っていること・4選

あなたは、男性が実はどんなことをされたいと思っているのか考えたことはありますか?
もし「彼が本当にしてもらいたいこと」が分かれば、二人の距離はぐっと縮まるかもしれません。

そこで今回は「彼が密かに女子にされたいと思っていること」について10代~20代男性のアンケート結果をもとにまとめてみました。

1.電話番号を渡してダッシュ

「可愛い後輩に『あ…あのっ!ずっと先輩のことが好きでした!もしよかったら連絡ください!』と電話番号だけ書いた紙をもらってみたい。
それで『おいおい…名前が書いてないじゃんよ…』とかカッコつけた独りごとを言ってみたい(笑)」(20歳/大学生)

簡単にSNSでつながれる時代なので、このように直接電話番号やメールアドレスを渡すことってなくなってきていますよね。

LINEで無料通話もできますし、そもそも「友達の電話番号すら知らない…」なんて人もいるでしょう。もし気になる男性がいたら、このような古典的な方法でアタックしてみても良いかも。

2.ほつれたボタンを縫ってくれる

「制服のボタンがほつれちゃった時に『私がつけてあげるよ』ってクラスメイトの女子に言われたいなぁ~!そんな素敵な奥さんみたいなこと言われたら、急にその子のことが気になりだしちゃうよね!」(17歳/高校生)

裁縫って最近じゃほとんどしなくなりましたよね。安くて質の良い洋服がたくさんあるので、「ボタンが取れたら新しいものを買っちゃう!」という人のほうが多い気がします。

だからこそテキパキとボタンをつけてくれる姿に男性はキュンとしてしまうんでしょうね。
裁縫はできて損はないので練習しておくのが良いかも。そしてバッグの中にソーイングセットは常備しておきましょう!

3.膝枕

「彼女の膝枕で耳かきをしてもらいたい…!女の子の太ももってすごく気持ちよさそうなんだもん!」(20歳/アパレル)

男性と同じように「好きな人に膝枕をしてあげたい!」って思っている女子も多い気がします。

これは需要と供給が一致するので、比較的やりやすいのではないでしょうか。彼氏がいる人は「膝枕してあげる!」と彼を誘ってみましょう。

4.コスプレでお出迎え

「メイドやナース服で、出迎えられてみたい!ハロウィンとかじゃなくて、何でもない日にやってほしいな。俺だけのためにコスプレしてくれた感が出るじゃん。」(21歳/大学生)

「彼女の家に行ったら、彼女が可愛いコスプレを着て待ってくれていた…」というのが憧れのシチュエーションらしいです。
「コスプレなんか持っていない…」という人は高校の時の制服でも良いでしょう。

たまには勇気を出していつもとは違うことをしてみましょう!彼もドキドキしてくれるはずですよ。

おわりに

いかがでしたか?
男性は女性と違って「プレゼントが欲しい」というよりも、マンガのようなちょっと非現実的な世界を求めています。

「男って本当バカだなぁ~」なんて言わず、たまには彼のために一肌脱いでみては?(和/ライター)

(ハウコレ編集部)
(小南光司/モデル)
(泉三郎/カメラマン)

関連記事