2016.04.01

これをされたらアウト!男が「興味のない女子」に送るLINEの特徴・4つ

気になっる彼が自分のことをどう思っているのか。これって一番気になるところですよね。それによって、今後の進め方も変わってクロというものでしょう。

実は、男性は気になっている女性とそうではない女性では、LINEでの反応が大きく違ってきます。

そこで今回は、男性が「興味のない女性」に送るLINEの特徴について紹介します。

1.早い段階での「スタンプ攻撃」

「好きでもない女の子だと、面倒だからスタンプだけの返信で済ませちゃいますね」(24歳/営業)

「どうでもいい相手だと、話が長くなってきたら、もう適当にスタンプで返して終わらせちゃいます」(26歳/広報)

スタンプは会話を盛り上げるための小道具としても使えるので、なんとなく距離が縮まったように思うかもしれません。
しかし、返事を打つのが面倒なときにも、スタンプは使われがち。

会話の早い段階で男性がスタンプのみでの返信を乱発してきたら、面倒くさがっている可能性大です。彼がどんなスタンプを使っているかや、その頻度と合わせて判断していきましょう。

2.「始まり」がいつも女性から

「興味のない女の子には、よほどの用事でもない限り、こっちからLINEすることはありません」(30歳/商社)

「好きでもない女性に、LINEを送ろうと思うことがまずないです」(28歳/建築)

「気がなかったら返信は来ないはず」「送ったらしばらくは続くし…」そう思ってはいませんか?

確かに男性は女性と違い、特に用事もないのにLINEで会話をしたりするという人はほとんどいないため、「返ってきただけでOK」と思うかもしれません。

ただ、気になっている女性に対してなら、男性の対応も違います。用事がなくても連絡を取りたくなってしまう衝動を、男性だって抑えられないのです。

LINEを見返してみて、あなたから送ってばかりだった場合は、その男性はあなたに気がない可能性が高いですね。

3.とにかく「終わる」方向に持っていく

「興味のない女性とは、長々と会話なんかしたくないというのが本音です」(29歳/IT)

「好きな女の子とは何時間でも話していられるけど、そうじゃない子とは5分でも長く感じます」(27歳/出版)

あなたがどんなに会話を盛り上げようとしても、男性が会話を終えようとばかりしてくる場合は、恐らくあなたにあまり興味がないのでしょう。

LINEでの会話は、打たなければいけないので手間がかかります。好きでもない女性とは、長々とそんな面倒なことをしたいとは思わないもの。

逆に好きな女性が相手なら、話題の面白さなどにかかわらずやり取りを続けようとするものですよ。

4.返事が「短い単語」でしかない

「興味がない女性には、ついつい『了解』とか『OK』しか言わなくなっちゃいます」(32歳/メーカー)

「『うん』っていう返事しか打ってなくて、女性に怒られたことがあります」(26歳/飲食)

あなたのメッセージに対して、「了解」、「わかった」、「OK」のような、短い単語でしか男性が返事を送ってこない。

これはもうあなたと会話をする気すらないと言えます。用件だけ済ませて、サッサとLINEを終えてしまいというのが本音でしょう。

好きな女性が相手であれば、単語で会話を終わらせるなんてことはありません。「はい/いいえ」で終わる話題であっても、さらにあちらから聞いてくるはずですよ。ですよ。

おわりに

気になっている男性がいるのであれば、その男性とのLINEを読み返してみるといいかもしれません。

そこに今回紹介したような特徴が表れていた場合は、あなたに興味がない可能性が高いので、焦らず、まずは興味を持ってもらうことを目指しましょう。(山田周平/ライター)

(ハウコレ編集部)
(小南光司/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事