2016.04.02

「わがまま」と「束縛」の境界線から学ぶ!カワイイ女の台詞・4選

「私以外のオンナと話さないで……!」

大好きな彼氏がデレデレしながら他の異性と話していたら、ムッとするのが当たり前! 思わず暴言を吐きそうになりますよね。

でも、その苛立ちをストレートに表現するのは、ちょっと大人げないかも。男性たちに聞いた「かわいい女のわがまま」と「ウザい束縛」の境界線を参考に、愛される女がこっそり実践している「上手な甘え方」をマスターしておきましょう。

1.「なんで?」ではなく「~してほしかったな」

「女性って何か不満があるとすぐに『なんで?』『どうして?』って口にするよね。しかも、その質問に素直な答えを返すと『そうじゃなくてさ…』って勝手に呆れモードになるし。一体どうしたらいいワケ?
要求があるならはっきり『~してほしい』って伝えてくれればいいのに」(28歳/メーカー)

男性にとって、もっともウザイと感じるのが「なんで返信くれないの?」「どうして女性と一緒にいることを秘密にしてたの?」と一方的に責められること。

頭に血が上っている女性に向かって、何を言っても無駄だと分かっているからこそ、この言葉を耳にすると心までシャットダウンしてしまいがちなんだとか。

何か不満があるときは、ぐっと気持ちを抑えて「もっと連絡くれたら嬉しかったな」「今度から秘密にしないで正直に言ってね」と伝えれば、意外とすんなり受け入れてくれるものですよ。

2.「今なにしてるの?」よりも「会いたいな」

「休憩時間や仕事終わりの時間を狙って『今なにしてるの?』って言われると、監視されてる気がしてちょっと鬱陶しいかも。
もっと素直に『寂しい』『会いたい』って言ってもらえた方が、男としては嬉しいんじゃないかな? 寂しい想いをさせてごめんね…って反省するしね」(27歳/金融)

「今なにしてるの?」「どこにいるの?」「誰といるの?」と彼の行動を把握しようとすると、ウザがられる傾向に…! 男性は「俺って信用されてないのかな」とガッカリするようですよ。

デートに繋がるやりとりを期待するなら、「忙しいのかな…」とワンクッション置いてから、「会いたい」「○○君の声が聞きたい」と甘えてみてはいかがですか?

3.「他の女性と話さないで!」ではなく「ちょっと妬いちゃった」

「たまたま同期の女性と話しているところを彼女に見られて、ソッコー『何してたの?』『私以外の女性と話さないでよ!』ってLINEが来たときは、正直ガッカリしたね。
これを愛されてるって実感するオトコは1人もいないんじゃないかな?」(29歳/保険)

他の異性とニコニコしながら話す彼の横顔を見ると、なんだか妙にイラッとしてしまいますよね。特に忙しくてデートできていない時期は苛立ちを隠せないほどムッとするものです。

でも、「どうして他のオンナと一緒なの?」なんて強硬な姿勢に出るのは逆効果!男性をウンザリさせてしまうだけですよ。「さっきね…ちょっとヤキモチ焼いちゃった」と可愛く伝えて、男心をくすぐる程度にとどめておきましょう。

4.「もっと一緒にいたい」の前に「明日…朝早いよね」

「終電ギリギリに『まだ帰りたくない』『もっと一緒にいたい』って甘えられるのは最高に嬉しい。
でも、あまりにも一方的に粘られると、テンションが下がって帰りたいムードになってしまうこともある。やっぱり相手を思いやる気持ちって大切だよね」(25歳/公務員)

大好きな人とずっと一緒にいたいと思うのは、あなたも彼氏も同じこと。でも、その気持ちを一方的に押し付けてしまうと、「重たい女」「身勝手な女」だと思われてしまうことも…。

「もっと一緒にいたい」と伝えるときは、必ず「明日早いんだよね?」「今仕事忙しいんだよね?」と相手を気遣う言葉をプラスして、ちょっぴりガッカリした顔を見せることを忘れずに!

おわりに

男性は思いやりのない感情的なオンナの台詞に、苛立ちや息苦しさを感じる傾向にあります。
彼に想いを伝える前に、「わがまま」と「束縛」の境界線を意識してみてはいかがですか? 

ちょっと言葉を変えるだけで「こいつ…かわいいな」「守ってあげたい」と思われる“かわいい女”になることができますよ。(mook/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事