2016.04.01

ユング心理学×西洋占星術でわかるあなたと山羊座の相性

ドイツの心理学者ユングは、質問により人の性格を「思考・感情・感覚・直感」の4タイプに「内向・外向」の2類型を合わせた計8タイプに分類しています。

その8タイプ分類に、西洋占星術の「12星座」を組み合わせ、より詳しく性格を解説するのが、この「ユング心理占星術」。心理学と占いの観点から、科学的にエレメント別に各相性をご紹介致します。今回は山羊座への接し方についてみてみましょう。

まずは、このテストに答えてください。次のうち一番近いものを選んでみましょう。
Q.あなたは誕生パーティーに呼ばれました。そこでケーキが登場。さて、あなたはどうしますか?

1、人数をまず確認し分ける   2、カロリーや成分をチェックする
3、自分の好きな人に切り分ける 4、一番大きいのが誰か気になる
5、ロウソクを立てていく    6、どこのケーキか調べる
7、誕生日プレゼントを知りたい 8、今日は何の日か気になる

それでは、山羊座とどう接すればいいのか、あなたの選んだ番号を見ていきましょう。

1、2のあなた…思考型:自分と同じ思索的な相手を求めている

あなたにとって山羊座の人は、自ら積極的に人間関係を広げていくのが苦手なため、多くの人たちに囲まれているということは少ないかもしれません。しかし、気の合った少人数の人と深い付き合いをしていけるでしょう。

気が合うのは、自分と同じく思慮深いタイプ。いくら楽しくても、感性が豊かでも、山羊座の心に響くのは、説得性に裏付けられた話題なのです。にぎやかな場所もやや得意ではないため、二人で語らう時間を大事にしてみて。

3、4のあなた…感情型:好意がよく見えず不安になることも

あなたにとって山羊座の人は、異性に対して積極的にアプローチすることがほとんどなく、恋愛経験はあまりないと言えます。どちらかというと「好きになってくれた人が好きな人」というタイプなので、声をかけてくれた相手に少しずつ好意を持つようです。

ただ、それがあなたにとっては、本当に自分のことが好きではなく、流されるまま付き合っているのではという気持ちにさせてしまうため、不安はつきまとうかもしれません。

5、6のあなた…感覚型:能力は高いのに引っ込み思案な人

あなたにとって山羊座の人は、論理的な分析力は優れているものの、リーダーシップに欠けるため、相手とどうやって関わればいいのか分からないと感じることも多いでしょう。そのため、あなたから能動的に働きかける必要があると言えます。

ただ、急激な変化や挑戦的な事を好まないので、何か新しいアクションを起こす場合は、筋道建てて話をしていく必要があります。報告・連絡・相談をキッチリ行えば心強い味方に。

7、8のあなた…直感型:ひたむきさに胸を打たれるシーンも

あなたにとって山羊座の人は、変化がある業務やダイナミックなアイディアが求められるような事柄には不向きですが、一つの事に対してコツコツと確実に取り組んでいくことのできる誠実な相手でしょう。

その粘り強い姿勢やひたむきな態度に、ときとしてドキッとすることも。分析力や論理力もあるため、ゆっくり話をしてみると相手の良さが見えてくるはず。意外とユーモラスな一面もあるので、飽きないでしょう。

おわりに

これまで星占いなどで、星座で言われている自分と実際の自分が違っていた、なんてことはありませんでしたか?それはこのユング心理学のタイプ論を併せてみることで修正されるはず。ユング心理学では、本来のその人の持つ本質を正しく理解することで、自己表現力や他人への理解力が高まるとされます。

つまり、占いだけでなく、心とよく向き合って、性格に合わせた心地いい生き方を選ぶことが重要なのです。あなたの心の本質と生まれ持った先天的な資質を組み合わせれば、きっと人間関係も円滑にいくでしょう。(「脇田尚揮/ライター」

(ハウコレ編集部)

関連記事