2016.04.02

食事制限だけじゃNG!?運動のダイエット効果とは

こんにちは。セルフトレーニングコーチのNaoです。
今回も魅力溢れる潤い美人になる“自分自身のための”セルフトレーニング、一緒にしましょ!

「運動は面倒だし、できれば食事を工夫するだけでやせたい・・・」な~んて考えていませんか?

引き締まったボディラインの実現や“やせやすい体質”づくりには、やっぱり運動がおすすめ。こんなにたくさんのメリットがあるんですよ。

■1.呼吸が活性化する

ゆったりと過ごしていたり、ゴロゴロしていたりするとあまり大きく呼吸をしませんよね。

運動によって普段よりも呼吸数が増えたり、大きく呼吸したりすることで、取り入れることのできる酸素の量を増やすことが可能。十分な酸素を隅々まで供給することで、体内のはたらきを活性化させることができます。

■2:体温が上昇する

冷えは低代謝の大きな原因の1つ。運動で筋肉を刺激することで、熱を生み出し、体液循環をスムーズにすることで代謝をアップさせる効果が期待できます。
 
体温を上昇させ、代謝をアップさせることが目的なら、大きな負荷の運動をしなくてもOK。ヨガやストレッチでも十分効果が期待できますよ。

■3:血行がよくなる

血行が悪いと、酸素や栄養素が隅々まで行き渡りません。すると老廃物を溜め込みやすくなったり、疲労の回復が滞ったりしてしまいます。

エネルギッシュで消費カロリーの高い、体内が活性化した状態をキープするためには、血液のめぐりがスムーズであることが大切ですよ。

■4:自律神経が整う

自律神経とは、体内のはたらきの切り替えスイッチのようなもの。日中は交感神経が優位になって体内が活動的になり、夜は副交感神経が優位になって体内がリラックス&疲労回復モードに切り替わります。

自律神経が整うと、エネルギーを消費するときはしっかり消費し、体内のメンテナンスタイムにはしっかりメンテナンスできるメリハリのある体質に。

運動には交感神経を刺激して活動モードにする効果と、体液循環をスムーズにして疲労回復や代謝を高める(副交感神経のはたらきを高める)効果が期待できます。

■5:ボディラインが引きしまる

運動で筋肉を刺激すると、自然のコルセットである筋肉を鍛え、ボディラインにメリハリをつくることができます。

食事制限だけで体脂肪や体重を減らすと、皮膚が垂れてしまったり、げっそりとしてもクビレなどのメリハリができなかったりするケースが多いもの。運動を組み合わせることで、締まったボディラインを実現しやすくなります。

■6:運動効果が高まる

運動は、続けることで身体の可動域を広げたり、柔らかくしたりする効果が期待できます。可動域が広がり、しなやかに身体を動かすことができるようになるため、運動によるダイエット効果や引き締め効果を高めることが可能。

続ければ続けるほど、痩せやすい体質をレベルアップさせることができますよ。

■7:姿勢が良くなる

筋肉のバランスが整うと、日常の立っているとき・座っているときの姿勢や何気ない動作を美しくすることが可能。美しい姿勢をキープするためには、体幹の筋力が必要。美しい姿勢で過ごすだけで、自然と筋力トレーニングができちゃいます。

姿勢を整えることで見た目が美しくなり、見た目が美しい状態をキープすることでもっと美しくなれますよ。

■運動が好きになったでしょ?


運動は面倒だからやりたくない?
こんなにメリットがいっぱいなのに、やらないなんてもったいない。

代謝を高めてダイエット効果をアップさせることが目的なら、負荷の高い筋トレやキツいジョギングは不要です。運動が苦手な場合はヨガやピラティス、ストレッチなどの簡単な運動から始めて筋肉を刺激しましょう。続けることで、少しずつできる運動が増えていきますよ。(NaoKiyota/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事