2016.04.02

はい!喜んで付けさせて頂きます!「ねぇ、ゴム付けて?」の可愛い伝え方・4選

前戯は終わっていざ挿入。「ゴムを付けて」と伝えてしまったら雰囲気を崩してしまうんじゃないか、なんて考えて言い出せない・・・という女性は多いのではないでしょうか?

外に出してもらえば大丈夫というわけではありません。
そこで今回は、男性にゴムを付けてもらうための「可愛い伝え方」を紹介いたします。可愛く伝えれば、彼もゴムを付けたくなってくれるはずですよ!

1.「はいこれっ!」

「彼女とエッチな流れになって生で挿入しちゃおうかなと思ってたら、爽やかに『はい、これっ!』ってゴム渡されたので素直に従いました。笑顔で渡されちゃったら、断れるはずないよね(笑)」(20才/学生)

コンドームって、彼が買ってきてくれることが多いですよね。「毎回買うのも面倒くさいし、付けるのもだるいから生で入れちゃおうかな・・・」なんて適当に考えている男性も少なくないようです。

そんな彼には、笑顔でゴムを渡してあげましょう!「せっかく用意してくれたなら付けるか・・・」と素直に従ってくれるはずですよ。

2.「私の中で出して欲しいから・・・」

「彼女にゴムを付けてって言われて、実際ちょっと萎えたけど仕方ないなぁって思っていたんです。そしたら『だって私の中でイって欲しいんだもん・・・』って言われて、めっちゃ興奮しました。もう、すぐに付けましたよね。」(23才/土木)

大体の場合は「ゴムを付けない=外に出す」と言うこと。ピルなどを服用していなければ、子供が出来てしまう可能性もありますからね。

ゴムを付けて欲しい場合は、「それじゃ悲しい!私は繋がったままアナタに果てて欲しいの!」と言うことを伝えてみましょう。そうすれば、彼はきっと喜んでゴムを付けてくれるはずですよ。

3.「結婚してから生でやりたい」

「彼女とエッチをしていてそのまま入れようとしたら『わたし、生でやるのは結婚してからが良い・・・』って涙目で言われて止めました。なんて清純なんだ・・・と思ってきゅんきゅんしましたね。」(22才/学生)

生で入れられるのがどうしても嫌な場合は、必死に清純アピールです!「結婚してからじゃなきゃやだ・・・」なんて可愛くおねだりすれば完璧。

男性は基本的に清楚な女性を好むものです。ビッチ女を目指すよりも、清純で男慣れしていないような女性を目演出して、彼を喜ばせてあげましょうね。

4.「どのくらい出るのか見せて」

「彼女に『ゴム付けて』って言われて渋ってたら、『どのくらい〇〇のせーしが出るか、見たいんだ』なんて言われて、すごい悶えました。なんてエッチな彼女なんだろうと思って喜んで付けましたね。」(25才/インストラクター)

なんてセクスィーなセリフ・・・!こんなこと言われてしまったら、ゴムを付けざるを得ないですよね。

このセリフを言ったら、彼がイった後に精子のチェックをするのを忘れないように!「いっぱい出たね?」なんて言って、彼を喜ばせてあげてください。

おわりに

いかがでしたか?外に出してもらったのに子供が出来ちゃった・・・なんて話も少なくありません。望んでいない妊娠を避けるためにも、感染症を避けるためにも、コンドームを付けることは大事です。

アナタの心を理解せずに、それでも「生でヤリたい!!!」なんて言ってくる猿男には、冷たく別れを告げてやりましょう!彼との楽しいエッチライフを、仲良く快適に過ごしてください!(霧島はるか/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事