2016.04.04

【愛を叶える風水】恋愛運を上げる方位は?今回は「ツバメが来る」(4/4~8日)期

日本の繊細な季節変化が告げる“愛を叶える方位”と、その時どうすれば良いかをお伝えする、和の風水占いです。

“愛を叶える方位”は3種類あります。それは、恋に効く「恋縁(こいえん)」方位の西、良縁を招く「愛縁(あいえん)」方位の東南、そして二人が深く結ばれる「情縁(じょうえん)」方位の北。
あなたの自宅から見て、西や東南や北の方位へ出かけると、ラブ運に恵まれるでしょう。

ただし、これらの方位も、使える日と使えない日があります。
デートや愛の告白や彼とのお泊まりに、ツキがある日はいつ?
それを、季節の小さな変化が告げてくれるのです!

*今回は、ツバメが来る(4/4~8日)の期間*

遠い南国で冬を過ごしていたツバメが、日本へ渡ってくる季節となりました。家の軒下にツバメが巣を作って、毎年その巣で卵を産み育てていると、「その家を守り幸せが続く」といわれます。そんな幸運の象徴とされるツバメですが、同時に「春を告げる使者」でもあるのですね。

春の空をスイスイ飛ぶツバメのように、はつらつと過ごしましょう!

*恋縁の西*

4/4日(月曜日)と4/7日(木曜日)は心が通じあう

4/4日は、恋縁の西へ向かうと肩の力が抜けて、とても素直になれる暗示。そんなあなたに、笑顔がステキな男性が、気さくに声をかけてきてくれそう。あなたも笑顔を返しましょう。しばらく話を交わせば、気持ちが通じあうでしょう。
4/7日は、恋縁の西で、二人の仲を一歩進めるチャンス。たとえば、西の方位へ出かけて、大好きな彼に何か困ったことを相談すると、心が通じあうでしょう。

現在恋愛進行中のあなたは、上記どちらかの日に西の方位にある神社で、彼の幸せを祈願すると良いでしょう。あなた自身の幸せではなく、あくまで彼の幸せを祈ることが大切です。その後、不思議と、彼と以心伝心のように心が通じるようになるでしょう。

*愛縁の東南*

4/4日(月曜日)は恋活&婚活の大チャンス!

この日、愛縁の東南には清々しいパワーが満ち、満開の花が実を結ぶように、男女の縁も結ばれやすいのです。ぜひ、東南の方位へ出かけてください。たとえば、東南の方位で行われる合コンや街コン、開催される婚活パーティーに出席したり、東南の方位にある結婚相談所へ相談に行くなど。
その際、ヒスイ・エメラルド・プレナイト・グリーンクォーツなど緑色のジュエリーを身につけていると、パートナーを引き寄せるエネルギーが強まるでしょう。ブレスレットや指輪より、ペンダントやブローチなどを胸の近くにつけるのが効果的です。

カップルの場合、4/4日に東南の方位でデートすると、お互いがなくてはならない存在だと、認めあえるでしょう。春風になびくようなヘアスタイルにするか、または、ふんわりしたスカーフを首に巻いて風に揺らせると吉。そして、二人で緑豊かな庭園を散策すると、幸せを実感しやすいでしょう。

*情縁の北*

4/4日(月曜日)と4/7日(木曜日)には色香がただよう

4/4日に情縁の北へ出かけると、今まで潜在していた色香が、じわりと表面にあらわれてきます。たとえば、無意識のうちにセクシーな表情になったり、立ち居振る舞いに色っぽさが匂いたつなど。そんなあなたの色香が、男性の欲望に火をつけ、自然と二人は一夜を共に過ごすことになりそう。
4/7日は、北の方位で結ばれやすいでしょう。あなたの意味深なセリフや仕草が、男性の征服欲を刺激しそう。落としたい彼がいるなら、それとなく「今夜あなたと結ばれたい」というサインを送ってみましょう。

交際中の二人は、上記どちらかの日に北の方位で結ばれると、深い満足感を得られるでしょう。いつもより時間をかけて、やさしい愛の言葉を交わしあいながら、濃厚な愛撫を。そうすれば結ばれたあとも、快感の余韻が続くでしょう。

おわりに

草木が芽吹くとともに、春の渡り鳥も次々と姿を見せては、にぎやかにさえずる季節。人間の私たちも、大いに恋愛を謳歌しましょう!(隆速治沙/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事