2016.04.07

ダイエットにも美肌にもいい!「肉食女子」のメリット

こんにちは。セルフトレーニングコーチのNaoです。
魅力溢れる潤い美人になる“自分自身のための”セルフトレーニング、一緒にしましょ!

「ダイエット中だから……」と“肉”を食べるのを避けていませんか?
肉の栄養をチャージしないなんて、もったいない! 代謝の低下や肌荒れを防ぐたんぱく質やビタミン・ミネラル類がたっぷり含まれているんですよ。

今回は、“肉食女子”になることの美容・健康効果を伝授します。

■「肉」は健康美人の材料!

「お肉」=「高カロリー・脂質が多い」と思っていませんか?
確かに部位によっては脂質が多いものもありますが、適量ならば、代謝を高めてスリムボディや美肌の実現をサポートしてくれるお助け食材。

肌や筋肉、女性ホルモンの材料である「たんぱく質」が豊富ですし、赤身の肉からは、糖質や脂肪の代謝を高めるビタミン類、鉄分や亜鉛などのミネラル類を摂取することが可能です。

肉は、種類によっても美容・健康効果が異なります。牛肉、豚肉、鶏肉の効能をそれぞれみてみましょう。

■代謝を高める「牛肉」

赤身の代表“牛肉”には、良質なたんぱく質やビタミン・ミネラル類がたっぷり。代謝を高めて痩せやすい体質に整える効果が期待できます。免疫力を高めて不調を予防したり、貧血を防いだりする効果も期待できますよ。

焼肉などでたくさん牛肉を食べる場合には、食物繊維の豊富な野菜を一緒に食べましょう。消化・吸収をサポートして、より太りにくくすることができます。サンチュなど、お肉を野菜で包んで食べるのがおすすめです。

■疲労回復をサポートする「豚肉」

豚肉には、ビタミンB1やビタミンB2が豊富。疲労回復やストレスの解消に役立ちます。また、コレステロールを下げる効果もあると言われています。

茹でて冷まし、トマトやレタス、キュウリなど、お好みの野菜に乗せれば、ビタミン・ミネラルがたっぷり食べられるダイエットサラダに。余分な脂分をカットできるのも魅力の1つです。

■美肌に効く「鶏肉」

鶏肉には、ビタミン類だけでなく、コラーゲンが豊富。美肌づくりに役立ちます。代謝を高めるビタミンB群も含まれているため、消費カロリーのアップや、肌トラブルの予防・改善効果も期待できます。

中でも、ムネ肉は脂質が少なく、低カロリー&高タンパク。ももは煮物に合わせやすいですね。

■1日の摂取量は「手のひら1枚分」

食べ過ぎを防ぎ、代謝アップに役立てるには、1食で「片手のひら1枚分」の量を目安に食べましょう。

たっぷりの野菜と一緒に食べると、内臓への負担を減らし、より代謝を高めることができますよ。

■「肉食女子」になって女度アップ!

肉は肌細胞や筋肉、女性ホルモンなど、身体をつくるための栄養素の重要な摂取源。

無理なダイエットで肌がガサガサになってしまったり、筋肉が減って代謝が低下してしまったりしては美しくなれません。肉とも上手に付き合って、潤いのある、メリハリボディを実現してくださいね。(NaoKiyota/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事