2016.04.09

二度と飲みたくない!男が本当に嫌がる「酔っ払った女子」の行動・4つ

お酒にほんのりと酔った女性の姿は、男性の目には色っぽくて可愛らしく映るものです。

ところが、調子に乗って飲みすぎて悪酔いした女性の姿は、一転して男性がドン引きする姿でもあります。
そこで今回は、男性が本当に嫌がる「酔っ払った女性」の行動を紹介します。

1.「ボリューム」がおかしくなる

「酔っ払ってくるにつれて、どんどん声がデカなってくる女の子って結構多いです。
ホントにうるさくてイラっとしちゃうので、あれはやめてほしいですね」(28歳/マスコミ)

酔うと声が大きくなってしまう人は多いです。
特に楽しいお酒の席などでは、ついつい盛り上がって声のボリューム調整も効かなくなってしまうのでしょう。

ただ、周りのお客さんにも迷惑ですし、女性らしさも皆無。酔っ払って大きな声で喚き散らしたりガハハと笑う女性の姿はもはや「おっさん」です。

2.「下着」が見えちゃっている

「泥酔して下着が見えちゃっているのには、ものすごく幻滅しちゃいます。
全然ムラムラなんかしませんし、逆に“女”として見られなくなっちゃいますね」(26歳/営業)

泥酔して前後不覚になってしまうと、だらしない姿にもなってしまいます。
そんなときに、下着が丸見えになっちゃっている女性には、男性もドン引きです。

セクシーどころかなんだか汚く見えて、逆にげんなりさせてしまいます。ガードが緩い「やれそう」イメージがついて、お酒の勢いでエッチしたい男が近寄ってくるだけですよ。

3.強引に飲ませようとする

「酔うと目が据わってきて、強引にお酒を飲ませようとする女はめちゃくちゃ厄介ですね。
こいつとはもう二度と飲みたくないって、心の底から思います」(26歳/広報)

酔うと無理やりお酒を飲ませようとする女性は本当に厄介です。
場を盛り上げようとしてやっているのかもしれませんが、程ほどにしておかないと怒りを買ってしまいますし、最終的には要注意人物扱いされてお酒の場に呼ばれなくなります。

この手の女性は、「男のくせに」とか「男だったら飲め」など、「男なら」という考えを押しつけがちなところもまた悪印象。そんな女性を彼女にしたいと思う男性なんて、まずいませんよ。

4.いつの間にか消える

「酔っ払っていつの間にかいなくなっちゃう子って、本当にめんどくさい。探さなきゃいけなくなるので、何も言わずにいなくなるのは絶対にやめてほしいですね」(29歳/IT)

酔っ払うと、急にどこかに消えていなくなってしまう人って、実は結構いるものです。
ただ、一緒に飲んでいる人にとっては、ものすごく迷惑なこと。そのまま知らんぷりをして帰るわけにもいかないし、何かあったら大変なので心配にもなってしまいます。

酔うと消えるクセがあるという人は、どのくらいまで飲んでも大丈夫かという限度を、自分でちゃんと知っておきましょう。

おわりに

お酒は男女の距離を縮めてくれる効果もありますが、逆に自分の見せたくなかったところまで見せてしまい、男性に嫌われる可能性も秘めています。

気になる男性の前では、あくまでもほんのり酔うくらいに留めておくと、彼をドキッとさせることもできるはずですよ。 (山田周平/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事