2016.04.10

意中の男性をドキッとさせる。「イイ女」の仕草5つの掟

気になる男性へのさりげないアプローチは、日頃の仕草に組み込んで、周囲から反感を買わずに行うことが大事です。

しかし、その行為がさりげなさすぎて相手に何の印象も与えていないようでは全く意味がありません。男性が感じる女性の良い仕草には、「色気」が関係していることはご存知でしたか?

相手を確実にドキッとさせるなら、何気ない仕草にも「色気」を足してあげなくてはなりません。ポイントとなる5つの項目を挙げていきます。

1.相手の目を見て、自然な笑顔で

「話をする時に、きちんとこちらのことを見てくれる子には良い印象を受けますよね。目を見て話して、自然にニコニコしてくれたら自分も楽しくなります。」(21歳/学生)

普段、たくさん笑ったり目を見て会話したりできていますか?目を合わせ続けるのは少し恥ずかしいと感じるかもしれませんが、よそ見ばかりしていると「自分に興味が無いのかな?」と誤解されてしまうかも。

まっすぐ相手に向き合って、合間に見せる自然な笑顔で「一緒にいると楽しい」という印象を与えましょう。

2.髪を束ねて、ほどく

「普段はおろしている髪を上げる仕草とか、逆にそれをほどく仕草はなんだかドキッとします。普段とちがうギャップとか、髪を触る手が新鮮でいいと思います」(19歳/販売員)

長い髪を結ったり下ろしたりするのは、髪の短い人が多い男性にとっては、なかなか見慣れない光景です。

いつもは見えないうなじが見えたり、逆におろした髪の動きが新鮮なのだとか。ショートヘアの人でも、耳に髪をかける動作で、さりげない色っぽさを狙いましょう。

3.不意のボディタッチ

「恋人でもないのにベタベタ触ってくるのはNG。でも、なんでもない時に不意打ちで来るボディタッチは、つい気になってしまいますね。」(27歳/営業職)

何気ないタイミングで、自然な仕草で行うボディタッチは男性への効果抜群です。常日頃べたべたとくっついているようでは相手にマイナスイメージを与えてしまいますし、周囲からの印象も良くありません。

男性が予想もしていない、油断している隙をうかがいましょう。襟元を直してあげたり、ネクタイを整えてあげたり、身だしなみを整えてあげるのも効果的です。

4.上目遣いで心を掴む

「相手が自然と上目遣いになってるのって可愛いと思います。多少あざといくらいでも、むしろ女の子らしさと色っぽさを両方感じるのでアリですね」(26歳/音楽関係)

女の子の上目遣いに男性は弱いものです。少しあざとくても、恥ずかしくても負けずに実践するのが重要です。

上目遣いから一度視線を逸らし、もう一度目を向けることで目力がアップするのでおススメです。

おわりに

普段からモテ仕草を心がけている人は少なくないでしょう。

しかし、そこに更に「色気」をプラスできないと“イイ女”には近付けません。
仕草と色気、両方の組み合わせで相手をドキッとさせられる女性になるよう心がけましょう。(恋愛エステティシャン桜子/ライター)

(ハウコレ編集部)
(横田彩夏/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事