2016.04.10

本当に好きなの?付き合ってるのに「好き」と言ってくれない彼の気持ちの見極め方

女子は不安になりやすい生き物ですから、彼氏からはいつも「好き」と言い続けて欲しいと思うもの。

何も言ってくれないと本当に付き合っているのか分からなくなったり、不安になってしまいますよね。

しかし一方で、好きだと口に出していうのが苦手な男性は多いよう。
そこで今回は、元女探偵の筆者が「好き」と言葉に出さない男性の本音について、男性の態度別に解説します。

1.最初は言ってくれたのに、言ってくれなくなった

付き合う前は好きだと言ってくれたのに、付き合ったら言ってくれなくなってしまった…こんなケースもあるかと思います。

この場合は、言葉以外に他に不安な材料がなければ、心配しなくても彼もちゃんと好きなはずです。

何回も言うのが恥ずかしいので、一度言えば十分だと思っている男性は多いです。しかも、そういう男性は女子に対してとても誠実だからこそ一度言ったことはずっと変えずに守ろうと考えます。

逆に、軽々しく好きだと連発する男性の方が信頼できないかもしれませんよ。

2.デートは定期的に会っている

男性は、言葉より態度で示そうとする生き物です。言葉はただの形で、口に出すと薄まると考える人もいます。

しかも、そう思っていることをわざわざ説明することを嫌うので女性からするとただ不安になってしまいます。

ですが、時間を割いて定期的に誰かと一緒に過ごすということは好きじゃないと出来ません。彼の中では、あなたは間違いなく好きな存在です。

3.一度も好きだと言われていない

これまでに一度も好きだと言われていなかったとしたら、かなり不安になりますよね。

自分からは言わないけれど、彼女に「私のこと好き?」と聞かれたら「うん」と答えたり「そうじゃなかったら一緒にいない」と答える男性もいます。

その場合は、恐らく何かしらの理由やトラウマのせいで、「好き」という言葉を口にだすことに抵抗感が強いのです。

この手の男性には無理に好きだと言わせるよりも、他の態度を見て愛情を確認した方が長続きします。

4. 会うのはいつも彼の都合

大事に思っていなくても、軽々しく口に出せる男性もいるので言葉だけで判断するのは考えもの。

彼が本気で好きだと思ってくれているかどうかは、最終的には言葉より態度で判断するのが正解だといえます。

デートはいつも彼の都合で呼び出されたり、あなたの予定には合わせてくれないのであれば考えものです。

一緒にいて浮気の不安を感じるくらい謎が多い男性で、好きだと言ってくれないケースでは残念ながらそこまで彼の中では好きだと思っていなかったり、ただの体目当てのケースもあります。

おわりに

いかがでしたか?男性は言葉より態度で示そうとする人が多いので、言葉で愛情を示して欲しいと考える女性には物足りなく感じてしまうこともあります。

ただ、定期的に会ってイベントごともちゃんと一緒に過ごしてくれる彼なら間違いなくあなたのことを大事に思ってくれています。

大事に思っていなくても、軽々しく口に出せる男性もいるので言葉だけで判断するのは考えもの。
彼が本気で好きだと思ってくれているかどうかは、最終的には言葉より態度で判断するのが正解だといえます。(上岡史奈/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事