2016.04.11

紫外線、そろそろ準備してる?今年も美白肌を守るならやってほしいこと


皆さんこんにちは!15万本以上の爪を施術してきたネイリストでスキンケアカウンセラーの川上あいこです。紫外線は1年中降り注いでいるとはいえ、燦々と降り注ぐ季節がやってくるとなると色々準備したくなりますよね。

筆者は、1年中UV効果のある化粧品を使うことにしていますが、それでも侮れないのが紫外線です。

朝の窓から降り注ぐ気持ちのいい朝日だったり、曇った日にすっぴんでコンビニへ向かう間の紫外線など、なかなか完全に防げるものではありません。防げないとしたらどうするか?

その答えといえばやっぱり「排出」に尽きるかもしれません。動き出したメラニン色素も身体に留めずに排出してしまえば、シミになって肌に残ることもありません。

今回は、美白化粧品だけではカバーできないシミ問題に立ち向かうため、色々とお伝えしたいと思います。真夏になってから焦るより、今からできること初めてみませんか?

◇ストレスが大敵

「ストレスでシミができる」聞いたことがあると思いますが、強いストレスを感じると脳がストレスから防衛するホルモンを出します。

このホルモンがメラノサイトを刺激する為、シミができると言われています。強いストレスを感じてから数か月後にはシミになって現れるのだとか。たった数か月で目に見えるなんて怖いですよね。

こればっかりは、美白化粧品の効果を感じるより早く目に見えて現れてしまいそうです。現代人は多かれ少なかれストレスを感じていると思いますし、ストレスのない生活ってなかなか難しいもの。

でも、ストレスと上手に付き合う方法がわかっていれば、シミが現れる前に対処できそうです。

ストレス発散の方法や、自分が「好きだ」と感じる趣味など、今のうちに自分のストレス解消法を見つけておけば「イラッ」とする日にも脳の切り替えができそうです。

◇代謝のいい身体を目指して

通常、過剰にできたメラニンは皮膚のターンオーバーと共に体外へ排出されるはずのものです。肌のターンオーバーって聞いたことありますよね?
個人差はあるものの、一般的には28日周期で肌が新しくなるリズムのことです。このターンオーバーの乱れって美白にももちろん影響があります。

皮膚表面にある古い角質が上手に排出されないと、ニキビやくすみの原因になったり。代謝のいい身体って、ダイエットにも美肌にも欠かすことの出来ない条件です。
不規則な食生活や睡眠不足、運動不足など、身体の代謝リズムが狂う原因になるようなことはなるべく避けましょう。

深夜のネットサーフィンなんかもこれを機に止めてみるといいかも。真夜中のネットサーフィンを止めて0時までに眠るようにするだけでも一気に美肌力が上がるかもしれませんよ。

◇ビタミンの力をプラス

美白と言えばビタミンCですが、ビタミンを意識した食生活していますか?メラニン色素を抑制したり排出するにも効果的なビタミンCですが、たんぱく質と一緒になってコラーゲンを作ってくれたりと美肌にとって欠かせないものです。

喫煙やストレスでどんどん消費されると言われるビタミンC。本格的な紫外線の季節が来る前から、習慣として身体に取り入れる工夫をしておきたいですよね。

◇おわりに

魔法みたいに、一気に肌がキレイになる薬があればいいのですが、そうはいかないのが肌というもの。自分の食生活や生活習慣などがモロバレと言われるパーツだからこそ、いつも気を付けておきたいですよね。

紫外線ケアも、夏だけ盛り上がるのではなく年間を通して効果的なケア方法を考えておいたら、美肌力がぐんっと底上げされるはずですよ。(川上あいこ/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事