2016.04.10

8割の男性が興奮!いい出会いを確実にモノにするために必要なのは●●だった!

出会いの春がやってきました。入学や入社など、新しい場所での出会いを期待できる季節…この春こそは、いい出会いをしてみたいですよね!

でも、実際には素敵な男性と出会うチャンスはそんなに多くはないことも。少ないチャンスをモノにするために、女性は可愛らしいメイクや女性らしい服装で、少しでも第一印象が良くなるように気をつけます。

「春の新色のグロスを、一時間に一回塗り直しています!」
「鎖骨が見えるカーディガンが、この春の勝負服です!」

などと、『見た目のセクシーさ』が男性を惹きつける秘訣だと思って、そこだけ頑張っていませんか?

確かに見た目は大事ですが、実は男性は見た目だけで女性の魅力を感じてはいないのです。見た目ではなく、ある違ったもので反応している男性の特性さえわかれば、単なるいい出会いで終わらせず、そこから先に進めるようになるのです。

意外!男性が魅了されるのは、見た目ではなく●●

事実、ゼクシィが男性に聞いたアンケートによると、「女性に性的な魅力を感じるのはどんな時ですか」という問いに対し、「胸を強調する服を着ていた時」「普段結んでいる髪を下ろしていた時」などの見た目の回答を上回り、「ふわっと良い香りがした時」との答えがなんと8割!

女性の見た目の魅力に対して、男性は思った以上に鈍感。つまり、気になる男性を落とすために見た目を大胆にしてセクシーさを出すよりも、ふわっと良い香りをさせた方が、男性は興奮するのです。

「嗅覚」は、他の五感と違って唯一本能的な部分と直結しており、脳にその情報が伝わる速さは0.2秒以下。つまり、「嗅覚」はダイレクトに脳の本能的な感情部分に伝わるので、何か答えを「考える」前に、本能で「感じて」しまうようです。

つまり、出会いの場面で男性の気持ちを引きつけるには、性的な魅力を感じる「そそる香り」を利用すれば良いのです!

さらに、香りには出会いを確実にモノにするある効果があったのです。

何度も彼を興奮させるプルースト効果を狙え!

ある特定の香りから、それにまつわる過去の記憶が呼び覚まされる現象を、心理学では「プルースト効果」と言います。

香りを脳が記憶しており、別の場所で同じ香りをかいだ時、その時のことを思い出すのです。街で偶然香った香水の匂いで、突然あの人を思い出してしまった…などありませんか?それがまさに「プルースト効果」です。

男性は、出会ったときの印象を匂いと一緒に記憶します。そのため、1回目の出会いで印象づけるには、相手に匂いを嗅がせること。そして2回目にも同じ香りをつけていくことで、最初に嗅いだ時の記憶を呼び戻し、出会った瞬間の興奮を思い出してくれます。

このテクニックを使えば、相手に強く印象づけることができるので、単なるいい出会いだけで終わらないでしょう。

でも、香りなら何でもOKという訳ではないのです。

プルースト効果で男性の本能を刺激!


男性が性的興奮をしてしまう「ふわっと良い香りがする女性」。それは、お風呂上りの女性のイメージです。濡れた髪から漂うシャンプーの香り、上気した頬に無防備な肌から立ち上る石鹸の匂い。そのような「そそる香り」が、男性の想像を掻き立て、ドキドキが止まらなくなります。

そんな男性が「そそられる」香りを上手く作り出すのが、LCラブコスメの「ベッド専用香水 リビドーロゼ」

「香水」と言っても、いわゆるぷんぷん香る通常の香水ではなく、お風呂上がりのシャンプーの香りをイメージして作られており、まさに出会った瞬間相手に「抱きたい」と思わせる香り。

お目当ての男性と会う時に、胸元や手首にシュッとひと吹きするだけ。香りがすぐに飛んでしまうシャンプーとは違い、優しいシャボンの香りを長時間まとうことができます。

「リビドーロゼ」が他の香水と違うのは、その成分。

時間によって三段階に変化する香りの成分が、男性との出会いの時間を演出してくれます。さらに、男性ホルモンが発動するきっかけとなる「オスモフェリン」や媚薬効果もあると言われている「イランイラン花油」などが含まれていて、男性の「エッチしたい」スイッチを自然とONにしてくれます。

お目当ての男性があなたのトリコに!羨ましすぎる体験談をチェック!

「リビドーロゼ」はずっと気になっていて、思い切って購入しました。彼は香水があまり得意ではないので、会う前の日の夜につけて、ほんのり香った状態で会いました。すると、「いつもと、匂い違うね…なんか、むらっとくる」って言われて思わず心の中でガッツポーズ!こんなに直ぐに実感があるなんて!いきなり「もう我慢できない」と言ってそのままホテルに連れていかれました。いつもの彼とは全く別人になっていて、「余裕ない、ごめん、優しくできない」と、いつもより早くフィニッシュしてしまった彼。腕枕をして真剣な顔で「もう一回したい、いい?」と聞いて来た時には本当に驚きました。それからは、職場でつけるのをやめ、彼の前だけにしました。
(れいさん/22歳/会社員)

●お恥ずかしい話ですが、30歳になり周りの友人は結婚、出産。 そんな中、彼氏いない歴2年になり私は仕事が恋人状態。そんな時、仕事で知り合った年上の男性に一目惚れしました。絶対に彼と付き合いたい…!と思い、「リビドーロゼ」を購入。
車に乗ってしばらくしたら彼が「あれ?香水変えた?」と言ってきました。「モモいつもいい匂いするけど、今日の香水いい匂いだよ」と言ってくれました。そのまま夜景がキレイに見える場所に連れて行ってくれました。いつもと違う雰囲気に押され気持ちが高ぶってしまい突然「あのね…わたし〇〇さんの事…すき…です」と言ってしまいました。すると、彼がわたしの肩をぎゅっとして「モモ…俺も前からすきだよ」と言ってから抱きしめて頭をなでなでしてくれたあと、ほっぺを優しく持たれてキスされました…!
その後も、「せっけんの匂いをかぐとモモのこと思い出す」と言ってきて…「リビドーロゼ」のおかげです!
(モモさん/30歳/会社員)

「リビドーロゼ」は販売累計数30万個を突破!

内ももや胸の谷間など、彼が顔をうずめたくなる部分に「リビドーロゼ」をつければ、思わずそそられてしまい、男性のむき出しの本能を垣間見られるかもしれませんね。

香りの記憶と気持ちよさをしっかりとインプットすることで、その香りを感じるたびに記憶が呼び起こされ、「抱きたい」という衝動に掻き立てられるかもしれません。

「リビドーロゼ」を開発したLCラブコスメは、女性の性に関するお悩みをケアする「セクシャルヘルスケア」の専門ブランド。中でも「リビドーロゼ」は、販売累計数30万個を突破した看板商品です。

出会いの春。数少ない出会いを確実にモノにするために必要なのは『そそる香り』。単なる出会いから素敵な出会いにして、さらに先に進むためには、会う瞬間に「リビドーロゼ」をつけて、彼の「したいスイッチ」を押し続けてみてはいかがでしょうか?

デートの直前にシュッとひと吹きするだけ。香りと記憶を結び付ければ、きっと後で彼の方からお誘いの連絡が来るでしょう!

関連記事