2016.04.12

―あのコの恋愛事情― このオトコ不能につき 編

皆さんこんにちは。15万本以上の爪を施術してきたネイリストでスキンケアカウンセラーの川上あいこです。ネイルサロンは不思議な空間。

手を握り合っているからなのか、リラックスした密室空間がそうさせるのか、秘密の内緒話しを打ち明けて下さる方がとても多い場所でもあります。
そんなサロンワーク中のみんなの恋のお話を切り取ってお送り致します。

※許可を頂いたものだけ掲載しています。
※個人を特定できる情報が含まれないよう職業等にフィクションも織り交ぜています。ご了承ください。

◇心頭滅却すれば火もまた涼し

「熱いお湯と冷たい水に交互に浸けて鍛えろ!てキレちゃったんですよ」
面白おかしく話してますけど、それすごいですねエミさん(仮名)。

本当にお湯と水に浸けたら、彼は益々不能になってしまいそうだけれど、そんな風にキレたくなるくらい彼のソコは役に立たないんですか?
「むっちゃ早いんですよ!新幹線ですよ!3秒っていうか、入れる前に出ちゃう感じですよ!」
不幸だ。
それは、不幸だ。
彼も彼女も不幸だ。

性欲、食欲、睡眠欲は、人間の三大欲求なわけだから、彼は出してる以上、とりあえず欲求は消化されたとして、エミさんの欲求の行き先がない。
「キレちゃいけないキレちゃいけない」と思いつつも、それはキレても仕方ない。
そんな風にキレられて、彼(と新幹線)はしょんぼりしなかったんですか?
「それがね、病院に行くことにしたらしいんです」エミさん(仮名)も意外だったという彼の反応を教えてくれた。

彼も自分の新幹線をコンプレックスには感じていたし、これと言った理由なく別れていく歴代の彼女達を見て
「もしや、オレの新幹線が原因か?」とモヤモヤしていたらしい。
エミさんが激しくキレたことで
「やはり、オレの新幹線このままじゃいけない!!!」と確信。
すぐさま病院を探し始めたそうだ。

◇おわりに

人にはっきりと言われて、落ち込んで拒絶するタイプと、自分の(というか新幹線の)非を認めて、なるべく改善しようとするタイプといるけれど、エミさんの彼は後者だったわけだ。

ここまではいいとして、この後で大切なことは「改善しよう」と努力を始めた人に追い打ちをかけないことだ。
「まだ新幹線じゃん!」「まだ急行程度じゃん!」「いつ各駅停車になんのよ!」

追い打ちはいけない。
オンナって、なんでもかんでも答えを早く欲しがる。
今日「NO!」と言われたことを、どうしたら今週中に「YES!」と言わせることができるか考えていたりする。

ダイエットも人の気持ちも、そんなに急に変化はしない。
彼の新幹線ばかりに限ったことではなく、喧嘩して「これからこうしていこう」と決めた事柄さえも、急に明日から改善されたりしないことを忘れたらダメだ。

ゆっくりゆっくり少しずつ。
2人の関係も彼の新幹線も焦らずに。
もちろん、色んな人間関係も。

「だんだん良くなってきたね」て緩やかな変化を見つめて過ごす余裕があるオンナでいること。
これ、人間関係における大切なポイントなのです。(川上あいこ/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事