2016.04.14

非モテまっしぐら!ついついやってしまう「NGスマホ行動」

みなさん、こんにちは。
ハウコレライターの神野悠です。
持っているのがもはや当たり前というところまで普及したスマホですが、便利になった反面で使い方を間違えると非モテの一因に…。

さらにトラブルに発展することもありえるでしょう。最近よく聞くスマホ絡みの非モテ行動をまとめてみました。ぜひ参考にして、名前の通りスマートな使い方を心がけましょう!

1.所かまわずセルフィー

「新幹線やバスの中でセルカ棒を使って自撮りばっかりしている女の子たちはちょっとどうかなって思いますね。
後ろの席の人に画面が完全に見えてしまいますし、一生懸命な姿がちょっと滑稽です」(25歳/会社員)

セルカ棒を使って写真を撮ることで、自撮りクオリティがぐっと上がりましたよね。ハウコレ読者のみなさんも使用している方は多いのではないでしょうか?

もちろん旅行先やカフェで綺麗な写真を撮りたい気持ちは分かりますが、周りの様子には気を付ける必要があります。気遣いを忘れずに、ですよ。

2.満員電車でのスマホいじり

「朝とか電車が混んでいるときでもかたくなにスマホを使っている女性は空気が読めなさすぎると思います。
乗り降りに支障をきたすくらいスマホに夢中になっている人はどんなに美人でも嫌ですね」(24歳/コンサル)

通勤や通学に電車を利用している方は特に注意が必要ですね。
座っている時に弄るのは問題ないですが、ただでさえ混んでいる車内で携帯を弄るのは意外と周りの迷惑になることが多いです。
人が降りて少なくなるのを待つか、音楽を聴くなどして代用しましょう。

3.食事中のスマホ

「二人で食事しているときは論外ですけど、一人でご飯食べている人がスマホの画面を見ているのは男女問わず微妙です。
社会人がパソコンでメールチェックしているのは気にならないんですけど…。顔ごと下に向いてしまっているのが嫌なのかもしれないですね」(25歳/会社員)

ご飯を食べながらスマホを弄ろうとすると、どうしてもスマホを机の上に置くことになるので姿勢も悪くなりお行儀が良いとは言えません。

ご飯を食べているのにべたべた画面を触っているのが不潔だと感じる人も多くいるようです。ご飯を食べる時は食べることに集中しましょう。

4.録音・録画・撮影

「だめって注意されているのに録画とか写真撮影している人を見ると、イライラします。
自分の欲だけのためにしちゃいけないことをしているわけだし、同じような場でも我慢してる人がいるのに不公平ですよね」(19歳/大学生)

ライブや講演会、スポーツの試合など、スマホの使用が制限されている場はたくさんあります。けれど、記念にと思ってついつい写真を撮ったり録画したりしていませんか?

周りがやっているから自分も一回くらい…と流されてしまうのは自分がない証拠です。マナー違反に加えて自分をもたない女性は非モテまっしぐらですよ。

5.スマホを時計代わりにする

「なんで時計してないのって思うし、一緒にいるのにいちいちスマホ確認されるのは気分がよくないです」(24歳/会社員)

腕時計をしていなくても、スマホがあればいつでも時刻を確認することができるようになりました。

ですが、男の人と二人の時にスマホを頻繁に確認するのは良い行為とは言えません。腕時計はファッションアイテムとしても使えますし、クセのように細かくスマホをチェックするのはやめましょう。

おわりに

いかがでしたか?スマホ絡みの非モテ行動をご紹介しました。無意識に触ってしまうことが多いスマホですが、自分中心なふるまいにならないように気を付けたいですね。(神野悠/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事