2016.04.16

「すぐに男性に飽きられてしまう女性」に共通する言動4つ

見た目は全然問題なさそうなのになかなか彼氏ができない女子や、彼氏ができてもすぐに別れてしまう女子を見ると「なぜ?」と不思議な気持ちになりませんか?

一方で、可愛くないのに男性からしょっちゅうアプローチされて大事にされている女子もいます。この違いってどこにあるのでしょうか。

そこで今回は、元女探偵の筆者がすぐに男性に飽きられてしまう女性に共通す言動について解説します。

1.相手の話を最後まで聞かない

人は自分の話をよく聞いてくれる人のことは手放そうと思わないものです。
いっぽうで、会話の途中で「でもそれって…」「だって…」などと否定的な言い方で話す女子は、男性がだんだんウンザリしてきてしまいます。

話している最中に、どう話そうかな…と考える癖があるとついそうなってしまうようです、最後まで口を挟まずに相手の話を「聞ききる」ことを意識するだけで男性の反応は変わりますよ。

2.会話がテレビドラマの話題ばかり

男性との話題がテレビや芸能人のことばかり。もしそうだとしたらちょっと考えた方がいいかもしれません。

テレビドラマの話がダメ…ということではありませんが、男性は女性よりもテレビを観る時間が少ない人が多いです。

また、ただテレビを観るだけで得た知識よりも実際に自分が経験したことのほうが、話していて会話が広がる可能性は高いですよね。

3.「なんでもいいよ」

自分の周囲を見回してみると、女友達の中でも誰かしらいませんか?合コンのお誘いから旅行の手配まで、決して自分からは誘わない、動かない女子が。

しかも、「なんでもいいよ」と言って自分では何も探したりしないくせに後から文句だけは言ってくる。そんな人は一緒にいると疲れてしまいますよね。

これは相手が女友達ではなく彼女でも同じです。いくら可愛くても長続きはしません。エッチのときにいわゆる「マグロ」で何も反応しないのと同じです。

受け身がダメとは言いませんが、何もしないのと相手の提案に柔軟に応じるのは違います。

4.「ありがとう」が言えない

「ご馳走してあげても『ありがとう』も言わないんだよね」という愚痴を男性から聞いたことがありませんか?人が人に何かするときは、心のどこかで見返りを期待しています。

男女の場合はその見返りは体目的だと思われることが多いですが、必ずしもそうとは限らないのです。

自分がしたことで女の子が喜んでくれる顔を見たいという気持ちが満たされないと、初めは追いかけるのが楽しくても段々相手に飽きてきてしまいます。
感謝の気持ちは口や態度に出さないと、なかなか相手には伝わりません。

おわりに

いかがでしたか。ドキッと心当たりのあった方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そうはいっても急に積極的に自分から誘ったり趣味を増やしたりできないし…と困ってしまうかもしれませんね。

しかし、そう難しく考えることはありません。男女の関係で大事なのは「相手が喜んでくれるから嬉しい」の繰り返し。

ですから、相手の話を最後までよく聞いたり、何かしてもらったことに対して感謝の気持ちや好意をもっと前面に出すだけでも「飽きられない人」になっていきますよ。(上岡史奈/ライター)

(ハウコレ編集部)
(小南光司/モデル)
(泉三郎/カメラマン)

関連記事