2016.04.17

マジどんだけ……。男子に「証明写真かよっ!」と思われるアイコン画像の特徴・5つ

ツイッターやFacebook、それにLINEまで、いろいろとSNSはあって、そのアイコン画像に自分の顔写メを設定する女子もたくさんいると思います。

でもそんなとき、あんまりにも真面目すぎるというか、固すぎる感じの写メにしちゃうと男子から「証明写真かよっ!」なんて思われちゃいますよ。

あくまでSNSのアイコンですから、遊びのある写真でいいわけです。
とくに、アイコン用の写真をひとりで撮影するときには証明写真っぽくならないように気をつけましょうね。

ということで今回は、20代男子30人に「『もうちょっと面白みを出したほうがいいんじゃ……?』と思ってしまう女子のアイコン」について聞いてみました。

1.真正面すぎる

「あまりにも顔の真正面から写した写真ね。あれは完全に証明写真度がアップしてる原因だと思う」(フリーター/24才)

そうですね。真横からだとそれはそれで変な感じになっちゃいますから、ある程度顔の正面を見せるのは大事だけど、だからって真正面は逆に不自然です。
ちょっと斜め上からとか、角度をつけて撮った方がいいでしょう。

2.近すぎる

「あと、カメラに近すぎるのもちょっとね……。こうなると、証明写真というよりも、異常なナルシスト感がしてくる……」(大学生/22才)

これに、1の真正面が加わったらもうほとんど完全に証明写真ですよね……。
写真いっぱいに顔が写ってるのは、ちょっと寄り過ぎ。少し引いて、顔が半分くらいで、他は背景が見えるくらいのスペースを空けるのが目安ですね。

3.背景壁

「背景が家の壁って、もろオリジナルの証明写真だから(笑)。
背景は部屋の家具とか、それか外の景色とか、とにかくなにかしらを入れたほうがいいと思う」(美容師/26才)

その写真に顔しか写ってなくて、あとは真っ白な背景とかだとあんまりにも味気ないですよね。背景は、あなたの魅力をプラスするための要素って考えてください。

例えばですけど、背景にかわいいぬいぐるみとかが写ってたりすればそれだけであなたのかわいらしさまでアップして見えますからね。

4.笑顔がぎこちない

「たぶん、自分一人でアイコン用の写真を撮ろうとするから笑顔が不自然になるんだと思う。
だから、アイコン用の画像は誰かと一緒にいるときとかに誰かが自然に笑ってるタイミングで撮ってくれた写真がいいんだよね」(ウェブ系/25才)

笑顔って、けっこう難しいんですよね。かといって真顔でもダメ。

ひとりで撮ると、不自然に口角だけが上がった不自然なスマイルになりますから、この男子の言うように、遊んでるときの何気ない一枚みたいなのがベストですよね。

5.まったく加工してない

「アイコンの画像は、ほとんどの女子がなんらかの加工をしてるでしょ?
 別に目を大きくしたりとかじゃなくても、全体に淡いぼかしを入れたりすれば、証明写真感が減ると思う」(公務員/27才)

わかりやすいのがLINE。LINEでアイコン画像を設定するときには、エフェクトでいろんな加工ができますよね。

あれでちょっと全体の雰囲気を柔らかくするだけで、だいぶ固い印象が和らぎますから、これはやっておいて損はないと思いますよ。無加工の写真は、ちょっとリアルすぎるというか、なんかね……。

おわりに

どうでしたか? 顔がせっかくかわいくても、写メの雰囲気が固すぎたら台無しです。

絡みやすそうで、親しみやすそうな雰囲気をアイコンから出していくためにも、なるべく柔らかくて自然な印象のアイコンを選びましょうね。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)
(藤田富/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事