2016.04.15

【ミラクル食風水】幸せ恋愛運アップのために<八白土星>

食事は人が生きていく上で必ず必要なことです。毎日いただくからこそ、食事で運気をアップできたらラッキーですね。
ミラクル食風水では、様々な角度から、食風水を通して開運していく方法をお伝えしていきます。なりたい自分をかなえていきましょう。

今回は<八白土星>の方が幸せな恋愛運をつかむための食風水をご紹介します。

あなたの九星は?

<ご自身が何年生まれかによって、九星を割り出して下さい>
一白水星:昭和29年38年47年56年/平成2年11年20年生まれ
二黒土星:昭和28年37年46年55年/平成元年10年19年生まれ
三碧木星:昭和27年36年45年54年63年/平成9年18年生まれ
四緑木星:昭和26年35年44年53年62年/平成8年17年26年生まれ
五黄土星:昭和25年34年43年52年61年/平成7年16年25年生まれ
六白金星:昭和24年33年42年51年60年/平成6年15年24年生まれ
七赤金星:昭和23年32年41年50年59年/平成5年14年23年生まれ
八白土星:昭和22年31年40年49年58年/平成4年13年22年生まれ
九紫火星:昭和21年30年39年48年57年/平成3年12年21年生まれ
その年の節分以前の生まれの方は、前の年生まれとして見て下さい。
(例:平成2年1月15日生まれの方の星は「二黒土星」です。)

自分がもともと持っているエネルギーを高める!

八白土星の方が潜在的に持っている恋愛的魅力は、とことん一生懸命なところです。まじめで、一人の人を永く愛するタイプであり、その想いはとても強く一直線です。相手の方は、愛されていることを強く感じるでしょう。

ただし、あまりに相手を想うあまり、まわりが見えなくなってしまったり、束縛がつよくなったり、相手の浮気を疑ってしまったりすることもあります。

ただ、「変革」というエネルギーも持っているため、「大好き大好き」と言っていた彼のことも、ちょっとしたことをきっかけとして、気持ちが急に冷めてしまうというようなこともあります。新しい恋にたいする意欲は強いので、恋はいつでもしやすい方です。

八白土星の恋愛運をアップさせるためのミラクル食風水

<おすすめメニュー:照り焼きチキン>
八白土星の食材は、タンパク質が豊富でうま味を感じるものです。少し難しいのですが、鶏肉、まぐろの赤身、甘エビ、卵、いくら、たらこなどが代表的です。
照り焼きチキンは、その形や色艶が八白土星のエネルギーともとても相性がよいメニューです。

また、チキンは鶏=取り=ゲットすることに繋がることから、運気をゲットする食材としても使われます。照りで艶やかな恋愛をゲットできることになるので、おすすめです。

八白土星の彼につくってあげるなら

<おすすめメニュー:オムライス>
オムライスは、卵でライスを包むメニューです。卵は、八白土星のエネルギーを含む食材であり、「包む」ことで包んだ物のエネルギーをアップさせることができます。

ライス(お米)には愛のパワーがたっぷりですから、あなたの愛をたっぷり包んで彼に食べさせれば、その気持ちがしっかりと伝わります。

また、卵は黄色く、オムライスはこんもりと丸い盛りつけをしますから、金運もアップします。彼を幸せにしちゃうミラクルメニューとなります。

恋愛運アップのためのミラクル食風水ワンポイントアドバイス

八白土星の場合、自然界でいうと「山」を表します。盛り付け方も、山のようにどっしりとした感じで盛り付けてみると良いでしょう。

先に紹介した照り焼きチキンも、スライスするよりも、1枚ドーンとお皿にのせて食卓に出し、食べるときにナイフでカットしていくのがおすすめです。
副菜にジャガイモやサツマイモ、人参などの根菜を添えると更にパワーアップします。

おわりに

いかがでしょうか。人が生活していく上で欠かすことができない、そして楽しみでもあるお食事。

意識を向けると1日3回、1週間で21回、1ヶ月で90回、ミラクルを起こすチャンスがあるわけです。感謝してこのチャンスを活かしましょう。(生田目 浩美。/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事