2016.04.17

どうせ食べるならヤセ食材!寝ている間に脂肪を燃やす7つの食品

暖かくなり、いよいよ本格的な春到来ですね。冬の間に洋服で隠した脂肪をあらわにする薄着の季節がやってきました。

食事制限や運動も大事ですが、日頃から痩せやすくする食べ物を取り込んで、楽に賢く美味しく痩せましょう。

痩せやすくなる食べ物って?

・アボカド

アボカドは食物繊維が豊富に含まれており、ゆっくり消化するために血糖値が上がりません。

そして、不飽和脂肪酸により脂肪燃焼に効果が証明されております。アボカドにトマト、みじん切りオニオン、レモン汁を追加し、アボカドディップはいかがでしょうか?

・チアシード

古代インカ時代より食されているスーパーフード。減量に最適のこの食品は食物繊維、カルシウムが多く含まれおり、特にお腹周りの脂肪燃焼に効果があります。ほうれん草、ヨーグルト、チアシード、ハチミツをミキサーに入れスムージーはいかがでしょうか?

・ほうれん草

緑黄色野菜の中でも最も栄養価の優れた食品。免疫力を上げるビタミンAを含み、骨を強くするビタミンK、そして食物繊維が豊富です。

ほうれん草とチーズ、そしてドレッシングの代わりに粉チーズを振りかけ、サラダでいただくのはいかがでしょうか?

・きゅうり

ローカロリーで95%が水分です。たくさん食べても太りません。しかも、キュウリは肝臓の脂肪を燃焼します。

キュウリにごま油、豆板醤、ゴマ、お酢をあえて簡単に即席お漬物なんていかがでしょうか? 

・アーモンド

カロリーは高いですが、減量を助けることがわかっています。アーモンドは砕くのが困難のため、消化をする際により多くのカロリーを消費します。

そして、プロバイオティクスが豊富で腸内環境を整えます。おやつを食べるのなら、アーモンドに溶かしたチョコレートをあえて、乾いたらいただく。チョコレートかけアーモンドはいかがでしょうか?

・レモン

カロリーも低く、ビタミンCが豊富なレモンは取り入れるべき食品。ビタミンCによりダイエット中でもお肌がツルツルです。レモンにハチミツを入れてハチミツレモンはいかがでしょうか?

・ルイボスティー

減量できるお茶といえばルイボスティー。もちろんカロリーゼロ、そして、ストレスからくる増量を遅らせる効果があると証明されています。

また、ルイボスティーに含まれている酵素は人間の体内にある活性酵素を強力に除去します。
ルイボスティーにエッセンシャルオイルを垂らし、アロマ・ルイボスティーなんていかがでしょうか?

終わりに

上記の食品を食事にうまく日常生活に取り込んで、食べながら健康的に痩せていきましょう。(桃助/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事