2011.07.28

AndroidでOfficeファイルを見る方法

WordやExcel、PowerPointといったマイクロソフトのオフィス製品。これらは通常、PCでしか閲覧できませんでした。しかし最近はスマートフォンからチェックできるようになり、外出先で会社の資料などを閲覧することが可能です。

ではAndroidでオフィスファイルを利用するには、どのような環境を用意し、どんなことができるようになるのでしょう。ここではAndroidを使ってオフィスファイルを活用する方法を紹介します。

 

MS Officeと互換を持つモバイルビューワ

WordやExcel、Powerpointを表示するビューワ機能を備えるアプリが「ThinkFree Office Mobile Viewer」です。無料で利用できるアプリですが、あくまで「ビューワ」のため、ファイルを編集することはできません。PCなどで作成した連絡先一覧などを外出先のスマートフォンでチェックするといった場合には重宝します。


アプリ名:ThinkFree Office Mobile Viewer
カテゴリ:ビジネス
料金:無料
作者:ThinkFree Mobile 

オンラインストレージも提供

Officeファイルのビューワ機能とともに、ファイルを保存するオンラインストレージ機能を備えるアプリが「KINGSOFT Office for Android」です。2GBの保存領域を無料で利用でき、Officeなどのドキュメントを保存するほか、画像などを保存しておくことが可能です。友人とオンラインストレージを共有すれば、撮り合った写真を交換したり、作成した文書をチェックしたりすることもできます。

 

 

アプリ名:KINGSOFT Office for Android
カテゴリ:仕事効率化
料金:無料
作者:キングソフト株式会社 

文書を編集/共有して利用可能に

Officeファイルをただ参照する以外に、スマートフォン上でファイルを編集したり、編集し終えたファイルを同僚などと共有したりできる機能を備えるアプリが「QuickOfficeプロ」です。「Dropbox」や「SugarSync」といったオンラインストレージと連携し、編集したファイルを直接、これらにアップすることも可能です。外出先で編集したファイルを会社や自宅のPCで再チェックするといったことを容易にします。

 

 

アプリ名:QuickOfficeプロ
カテゴリ:ビジネス
料金:1169円
作者:Quickoffice

さいごに

マイクロソフト「Office」のドキュメントを閲覧できるビューワは多々ありますが、必ずしも完全にOffcieの内容を再現できるわけではありません。

 

簡単な文字や図などを表示できるが、エクセルのマクロなどを反映していないものもあります。Wordの文字詰めや大きさなどが表示する際にはずれているケースもあります。

 

MS Officeと完全互換で、表示や編集などを可能したいなら、マイクロソフトの「Office」を利用する以外にありません。最近提供を開始した「Office 365」はOffcieと互換のあるマイクロソフトのクラウドサービスです。これを利用するのも一案です。

関連記事