2016.04.19

浮きたくない、嫌われたくない…。本当にそれでいいの?

あなたは今、本当に着たい服を着ていますか?今着ている服はときめいて買ったものですか?
あなたのネイルは、やりたいと思ってやっているネイルですか?

人は自分らしくなれた時が、一番輝きます。「みんながやっているから…」「みんなが着ているから…」「流行ってるから…」を卒業して、本当に着たいものを着て、輝いた本当の自分を目指してみませんか?

1.みんなに好かれなくてもいい!!

「私のことを好きだと思ってくれる人も大切だし、私のことを嫌いだと思っている人にも、どうにかして好かれたい…」

誰にも嫌われたくない!という気持ちはわかりますが、両方に好かれるというのは、とっても難しいことです。
対局にいる人に好かれようとすると、行動がすべて中途半端になり、自分らしくいることが難しくなります。

「あの人、私のこと嫌いなのかな?…なら、嫌われないような行動をしないと…」
あなたらしさがどんどん失われ、その結果、どちらも手にいれられない…ということになってしまう可能性も。「老若男女、誰からも好かれる」ということは、ちょっと間違うと「毒にも薬にもならない存在」。

つまり嫌われない代わりに、特に好かれることもない、居ても居なくても何の影響もない人ということ。友達関係でも、恋愛関係でも、それは悲しいですよね。 

自分のことを「嫌い!」と言っている人を「好き」にひっくり返すのは不可能ではないけれど、とても難しいので、「嫌い」と言ってくる人は気にせずに、あなたを「好き」と言ってくれる人だけを見てそっち側に「突き抜け」ちゃいましょう。

2.「好き」に挑戦してみよう

【自分らしくない状態】の人は、中途半端な気持ち、位置にいるような、もやもやしたすっきりしない気持ちになります。
でも、あなたのことを好きと言ってくれる人や、側にいてくれる人だけを見て自分のやりたいことを思う存分やる、これができるようになると、本当の自分を好きになってくる人がちゃんと側にきてくれるようになります。

やりたいことをすることができれば、もやもやした気持ちは晴れ、あなたのことを理解してくれる友達ができて、結果我慢のない幸せな恋愛ができるようになります。思いっきりあなたが「好き」に挑戦することが、本当の親友、本当の恋愛に近づくことができるのです。

3.好きなものを身につけよう

「好き」に挑戦する。その一番簡単な方法が、自分の好きなものを身につけることです!
これが流行っているから…とか、みんながやっているから…ではなく、自分の着たいと思う服、したいと思う髪型、メイクに挑戦してみましょう。

「みんながこうしているから、私もこうしなきゃいけない…」というのはもったいないことですよ。
学校でも、職場でも、このファッションならまわりに嫌われないかな~と思って選ぶのではなく、着たい服をきる!自分らしいあなたでいてください。

4.魅力の種を咲かせよう

やりたいことをやっているときって、どんな気持ちでしょうか。
楽しい!嬉しい!次はあれをやりたい!できるようになりたい!と、今、そしてこれからを明るい気持ちで過ごせますよね。当然、それは表情にも出ます。

やりたいことをやっている人のほうが【輝いて】見えます。
あなたはまだ魅力の【種】でしかありません。
あなたの魅力の【花】を咲かせることで、まわりはあなたの魅力に気付くことができるんですよ。

吉井奈々からのメッセージ

我慢は一番のストレスです。
やりたくないけど、みんながこんな服装しているから私も…こんなメイクをしているから私も…と出かけるのと、自分の着たい服を着る、好きなメイクをしてでかけるのでは、心のワクワク感が違いますよね。

ワクワクすればそれが表情に出ます。そんなあなたの表情を見て、まわりの人は集まってくるんですよ。(吉井奈々/ライター)

(ハウコレ編集部)
(新部宏美/モデル)
(泉三郎/カメラマン)

関連記事