2016.04.19

【夢占い】吉凶を占う!懸賞やご褒美にまつわる夢4つ

・・・パチスロ台に座ってすぐ、一回目で777が出て驚いて目が覚めました。

これは20代女性の夢の実例です。短い夢ですが、けっして金運や懸賞運がよくなる夢ではありません。彼女は職業柄、深夜を含め不規則なシフトで仕事をしています。基本的にギャンブルのイメージは生活リズムの乱れや日ごろの不摂生を反映することがあります。

また、ピッタリと数字が出るイメージは慢性的に眠りが浅くなっている状態をあらわします。数字や文字がはっきり表れるイメージは日ごろから疲れがとれていない生活状態をあらわします。

また、夢の中の「当たりに驚く」という感覚は、現実の生活で充実感が不足していることをあらわします。では懸賞やご褒美にまつわるいくつかの夢をご紹介しましょう。

・宝くじの夢

・・・ジャンボ宝くじの一等が当たった夢。自宅の部屋で新聞を見て当選を知る。誰にも見つからないよう注意をはらって宝くじを上着のポケットに入れた。リビングの前を通ると、家族や親せき、知人たちが大勢集まっていて、みんな話を止めて一斉にオレを見た。監視されているような気がした。

早く換金したくて気持ちばかりが焦っていた。玄関に向かうと、みんなオレについてこようとする。イライラしながら目覚めた。

これは20代男性の夢の実例です。この夢は現実の生活で両親といっしょに暮らし、もっとも身近な人とのコミュニケーションがうまくいっていないことをあらわし、自立した生活を求める焦りの気持ちが反映されています。当選金は自立するための資金を象徴しているのでしょう。

宝くじの高額当選の夢は現状の変化を求める気持ちの反映になります。また、当選にともなう心の葛藤は、身近な人間関係の不調和をあらわします。

・贈答品、お中元、お歳暮の夢

贈答品、お中元やお歳暮をもらう夢は何らかの気配りを必要としている人間関係依を象徴します。家族や周囲の人とのコミュニケーションに何らかの配慮や心配りを必要としている状況をあらわしています。贈答品のイメージは基本的になれ合いになっている対人関係を反映します。

・プレゼントの夢

見知らぬ人からのプレゼントは何らかの知らせ、喜び事を暗示することがあります。また、特定の人からのプレゼントは基本的に何らかのコミュニケーションやリアクションをうながされています。

恋人からのプレゼントは恋人の身辺にまつわること、家族からのプレゼントは家族の身辺にまつわることをあらわします。

ただ、相手が現われる場合、彼らの登場イメージによって吉凶両面があるので、良くも悪くも彼らとのコミュニケーションには注意をはらってください。

・褒められる夢

誰かに褒められる夢は、何らかの対人的な不調和をあらわし、自身の柔軟な変化や協調性、自発的な改善をうながすイメージになります。特定の人にほめられる夢は、その人物との協調をうながしています。

・実際にご褒美をもらえる夢は?

夢の中の当選や当たりのイメージは現実に充実感や達成感の少ない生活状況から生じる慢性化したフラストレーションを反映します。

実際に当たりを暗示するのは、以前のコラムで紹介した、炊き立てのごはん、できたばかりのおいしそうな料理といったイメージになります

基本的に生ものではなく、できたての料理を出される、つまり食あたりのない=あたらない料理を食べるのが吉兆です。(梶原まさゆめ/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事