2016.04.20

間食したって痩せられる!ダイエットに役立つ「おやつ」4選

こんにちは。セルフトレーニングコーチのNaoです。
魅力溢れる潤い美人になる“自分自身のための”セルフトレーニング、一緒にしましょ!

「ダイエット中は、間食を一切食べてはいけない」
一見正しいルールのようですが、いつでも正しいとは限りません。お腹が空いているのに我慢しては、その後の食事で食べ過ぎてしまう可能性がありますし、ストレスを溜め込んで食欲が爆発してしまうことも。

ダイエット中でも、上手に間食をとれば、ダイエット効果を高めることができますよ。

今回は、ダイエット中のおやつに食べたい、おすすめ食材を4つご紹介します。

1.ナッツ

ナッツには、体脂肪になりにくい脂質や筋肉・肌の材料になるたんぱく質、代謝をアップさせるビタミン・ミネラル類が豊富。体内のはたらきを活性化して太りにくい体質に整えてくれます。

ボリボリとよく噛んで食べることで満足感を得やすく、栄養素が豊富で腹持ちが良いため、食べ過ぎを防ぐ効果も期待できますよ。

1日20g前後(手のひらに乗るくらい)を目安に、できるだけ無塩のものを選んで食べましょう。

2.ドライフルーツ

代謝を高めるビタミン・ミネラル類が豊富に含まれているのが野菜や果物。中でも果物には糖質も含まれているため、空腹時のエネルギーチャージに適しています。

果物を持ち歩くのは大変ですが、ドライフルーツなら鞄の中に忍ばせることも可能。フルーツの甘さを感じることができ、「ダイエット中でも甘いものが食べたい」という場合におすすめです。

3.ヨーグルト(ヨーグルトドリンク)

便秘は美容と健康の大敵。老廃物を溜め込んだままでは、むくみや太りやすい体質を招いてしまいます。

ヨーグルトには乳酸菌が豊富。腸内の善玉菌のエサとなって、腸内環境を整えてくれます。フルーツを入れればビタミンやミネラルもチャージ可能。より代謝アップに役立ちます。

もちろん、ドリンクタイプでもOK。飲むタイプのヨーグルトはコンビニやスーパーなどで手軽に購入できますし、最近のカフェには、ヨーグルトドリンクを販売しているところも多いですよ。

4.ホットミルクやホットラテ

イライラしているときや、心を落ち着けたいときのおやつは、「ホットドリンク」がおすすめ。ストレスによるどか食いを防いでくれます。

中でもカルシウムやたんぱく質が摂取できる「ホットミルク」や「ホットラテ」は、おやつに最適。豆乳をつかった「ソイラテ」でもOKです。美肌や筋力アップに必要な栄養素をしっかり摂取することができますよ。

ドリンクを低カロリーなものにしてケーキやお菓子を食べるより、栄養価の高いミルクやラテを飲んだ方が、満足感を得やすく、太りにくくなります。

■おやつも工夫次第でダイエット食に


ダイエット中でも、食べ過ぎに気をつければ間食OK。代謝を高める栄養素が摂取できるものをチョイスすれば、ダイエット効果を高める効果も期待できます。

ぜひ、上手におやつタイムを楽しんで、ダイエットを加速させてくださいね。(NaoKiyota/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事