2016.04.20

幸せになれる?「離婚することが決まっている人」との不倫に潜む落とし穴

好きになった人には奥さん、そして子供がいた…そんな辛い恋愛を初めてしまった人も、苦難や困難を乗り越えカレが離婚を決心し行動に移してくれた!と舞い上がることがあると思います。

不倫の結末は結局奥さんと別れずに女性が振られてしまう場合が多いので、離婚が決まったのならあなたを選んで生涯のパートナーにしてくれる可能性も急激に増えるでしょう。

しかし、喜ぶのはまだ早い!離婚が決定していても、不倫恋愛にはいくつもの落とし穴が待ち構えています。

今回は、そんな離婚することが決まっている人との不倫に潜む落とし穴について紹介しますよ!

1.カレには子供を育てあげる義務がある

「カレと奥さんの離婚が決まって子どもは奥さんが育てることが決定したけど、カレが養育費を出すことになった。
人間一人を育て上げるのってバカにならないお金がかかるし、自分との結婚とか子供とかのことを考えると不安…。」(27歳/介護)

離婚が珍しくない昨今、カレと奥さんに子供がいた場合カレが養育費を払い続けることを条件に離婚を決定する夫婦が多いそうです。

つまり、大好きなカレと結婚をして同じ財布になったとき、そこから養育費を出すということですね。

カレが離婚を決意してくれて舞い上がってしまうかもしれませんが、将来のことを冷静に考えることが大切。
カレと結婚したいと思っていたり、自分の子供が欲しいと考えているのであれば、カレの年収なども考慮して人生設計をしましょう。

2.バレたら訴えられてもおかしくない

「友達が奥さんとの離婚が数か月先に決定したカレと不倫で付き合いながらSNSに写真を載せたり友達に言いふらしてるけど、奥さんに知られたら訴えられる可能性が0じゃないことを分かったほうがいいと思う。」(20歳/大学生)

不倫を続けた結果、カレが離婚に踏み切ってくれたパターンもあれば、離婚が決定している既婚者と不倫をしている人もいると思います。

しかし、例え「離婚をすること」が決まっていても相手が不倫を訴えれば敗訴の可能性は高いでしょう。

カレと一緒にいられるという喜びで周囲に言いたくなってしまう気持ちもわかりますが、「不倫」は世間から認められにくいのは事実です。
どこから情報が洩れるかわからない狭い世間ですから、ごく一部の友人に報告する程度にしておきましょう。

3.自分が裏切られる可能性がある

「相手は誓いを立てて結婚した相手がいるのに不倫した相手だということを忘れちゃいけない。
自分は裏切られないように努力をし続ける必要があるから、簡単じゃない。」(29歳/化粧品)

離婚する理由は様々です。価値観の相違が原因ということもあれば、相手の暴力などが原因になることもありますし、単純に愛情が冷めてあなたと生涯を共にしたいと考えるようになったという可能性もあります。

しかし、どんな理由にせよカレが家族に挨拶をして生涯を共にする誓いを立てた相手を裏切る行為に至ったのは事実です。
あなたはそういう人間と付き合っている、そしてこれからも過ごしていくという覚悟が必要でしょう。

4.バツ1というレッテル

「奥さんとの離婚も済んで、しばらくしてから結婚することに。でも私の両親をはじめ周囲の人はカレがバツ1ということだけでいい顔をせず、一筋縄ではいかなかった」(23歳/事務)

夫婦の3組に1組が離婚すると言われている今、バツ1であるという人は決して珍しくありません。

しかし、バツ1であるカレと一緒になりたいと考えていたり、お付き合いを進めていく上で周囲との衝突が避けられないことがあります。

本人からすれば理由あっての離婚ですが、周囲からすればカレに問題があって離婚という結果に至ったのでは?と考えられてしまうことも。、
ですので、そういった苦難を乗り越える覚悟が必要でしょう。

おわりに

いかがでしたか?

苦しく辛い不倫期間を乗り越え、誰からも非難されることなくカレと幸せになれる!と舞い上がる人は少なくありません。

しかしここで浮かれすぎずに気を引き締めることで、今後のカレとの付き合いは、より充実したものになるでしょう。
大きな困難を乗り越えた仲なのですから、小さな落とし穴にハマってしまわないよう気をつけてくださいね。(桃花/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事