2016.04.21

ただしく・やさしく。女性のデリケートゾーンの洗い方

Hの前後、または運動をして汗をかいた後など、デリケート部分はゴシゴシ石鹸でこすってもいいの?ビデで洗浄したほうがいいのかしら?など1度は疑問に思ったことがあるはずです。
そんな素朴な、そしてみんなに聞けない質問にお答えします。

1.女性のデリケート部分について

膣は膣自身の分泌物(おりもの)で清潔に保つように作られています。膣の内側は子宮頸部から、穴まで筋肉で出来た筒状になっています。穴の付近を囲んであるのが外陰部と呼ばれるものです。

食事のバランスが取れていて適度な運動をしている人であれば健康な膣を保つことができます。適度な運動とは歩いたり走ったり日常的にできる運動の事です。

2.分泌物・おりものについて

健康な膣の場合は透明もしくは白いおりものが出ます。この粘液は子宮より自然に分泌されるものです。排卵日の時のおりものは普段より濃く、ねばねばしています。

健康なおりものはキツイ匂いがなく、色もありません、また膣がかゆくなったり腫れぼったくなったりもしません。もし普段と違うようならば産婦人科に行き検査を受けましょう。

3.膣の中にいるバクテリア

体の土の部分よりも、膣内には多くのバクテリアが存在しています。もちろん、バクテリアがそこにいることには理由があります

*膣の中にいるバクテリアの役割
・悪いバクテリアの繁殖・侵入を防ぐ
・膣内のpHバランスを保つ(膣はpH5.9前後が適度なバランス)ラクトバチルスというバクテリアが膣の中のpHバランスを整えているのですが、膣内がアルカリ性になると他のバクテリアが優勢になり、膣に痒み、炎症を引き起こし、そしておりものが増えてきます。

4.膣の洗い方

芳香剤入りの石鹸やジェル・消毒を使うのは避けましょう。それを使うことによってpHバランスが壊される可能性が高いです。無香料の石鹸を使い、膣の周りを優しく毎日洗いましょう。

しつこいようですが、膣は自然におりものを使い、綺麗に保つようにできています。
ビデを利用する人も多いですが、膣に必要なバクテリアも洗い流されてしまうため、あまりオススメできません。

性行為の後にビデで洗い流せば性病にかからないという噂もありますが、それは医学的な根拠の無いもの。「膣の匂いがきついので香り付きで隠したい」という方は、産婦人科にかかってみるのもいいかもしれません。

終わりに

人間の体は自然の治癒力を持って存在しています。あまりこだわることなく、自然のままでいるのが1番健康なのかもしれませんね。(桃助/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事