2016.04.22

絶対ダメ!長く付き合いたいなら避けるべき行動・4つ

「付き合っても、長く続かない・・・」
こんな風に悩んでいる方は、いませんか?
もしかしたら、付き合っている最中に、あなたが彼を疲れさせる行動をしてしまっているのかも?

そこで今回は、長く付き合いたいなら避けるべき行動を紹介します!

1.何度も同じことでケンカする

一度は分かり合ったはずのことで再びケンカをすることは、長く付き合うには最も避けたい行動の一つです。

最初のケンカよりも、2回目・3回目と回数を重ねたときのケンカの方がストレスがたまることも要因の一つですが、何度も同じことでケンカをすると「毎回こんな風にケンカになるなんて・・・俺たちって合わないんじゃ?」と彼に思わせてしまうことも問題になります。
最初のケンカの時点で、次に繰り返さないように解決することが大事。

二人が落ち着いたら、なぜこうなってしまったのかと、今後繰り返さないための約束をすることを心がけてみましょう。

2.異性問題でモメる

異性問題も破局につながる大きな問題です。
異性問題でケンカが起きると、「俺じゃなくても良いんだ」「俺のことが好きなわけじゃないんだ」と彼に思わせてしまい、彼の方から離れていってしまうことがあるからです。

彼が、「別に男友達と遊んで来たって大丈夫だよ、気にしないよ」というスタンスである場合以外は、男性と2人で会うのはやめましょう。
また、そういう機会があったときも、いちいち彼に報告して嫌な思いをさせないように気をつけることです。

「きちんと報告することこそが、誠実な付き合い!」と考えている方もいるかもしれませんが、それはただの自己満足。他の男の影を「見せない」ことこそが、誠実な付き合いです。

3.周囲のカップルと比べる

思わず、やってしまいがちなのがこれ。
「○○ちゃんは、記念日に彼氏からサプライズで指輪もらったらしいよ!」
「××ちゃん、1年に1回は彼氏と旅行に行くんだって~!」
自分たちカップルと比べる意識がなく、友達との会話を報告するくらいの感覚で話してしまうことがあると思いますが、これもNG。

彼は、他の男と比べて自分が劣っていると指摘されているように感じ、「だったら、そういうことしてくれる男と付き合えば良いだろ」と嫌な気持ちになってしまいます。
友達の話をするのは悪くないと思いますが、友達カップルの話をするのは控えた方が良さそうです。

4.ケンカすると『もう別れる』と言う

女性は、ケンカすると「もう別れる!」と言ってしまいがち。
これは、「別れるなんて言わないで、謝るから」という彼からの言葉を無意識に欲しがって言うセリフです。

本気で思っていないのにケンカの度に言っていると、毎回否定しなければいけない彼はめんどくさく思ったり疲れてしまうので、「そんなこと言うんなら、分かった。別れよう」となってしまいます。

彼に謝ってほしくて「もう別れる!」という言葉を言うのはやめましょう。
本当に彼が離れていってしまったら、後悔しても遅いですよ。

おわりに

いかがでしたか?
彼のことが大好きでも、無意識にしてしまう行動を4つ紹介しました。
「付き合いが続かない・・・」と悩んでいる方は、これまでを振り返ってみましょう。
彼と、楽しく幸せな交際が長く続けられることを祈っています。(下村さき/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事