2016.04.22

男子が「彼女のことを心から理解してあげられた気がする」と実感する瞬間・5つ

恋人のことは、自分が他の誰よりも理解してあげたいですよね。
男子も、「彼女のことが全部理解できた気がする!」となると、彼女の気持ちを疑っちゃったり、浮気の心配をしちゃったり、そういうことをせずにドッシリと構えていられるようになるそうなんです。

では、男子はどういう瞬間に「彼女のことが本当にわかった」と思うんでしょうか? 20代男子30人に聞いてみました。

1.彼女が男子と2人で遊んでも、焦らない

「男子とデートされても、平気でいられるようになったときかな。別に彼女のことをどうでもいいと思ってるからとかじゃなくてね」(大学生/22才)

「浮気したりする子じゃない」というのをカレが理解したとき、カレは不要な束縛を解いてくれるんですよね。

「あれ、前みたいに心配してくれないの?」みたいな気持ちはあるかもですけど、それはカレの進化だと思って喜びましょう。

2.元カレの相談に真剣に乗ってあげられる

「彼女の過去を否定したり、そのことでうじうじ悩んだりしなくなったとき。
だから彼女が、元カレが〜みたいな話をしてきても、『俺にその話はするな!』みたいに拒絶しないで、『今の恋人は俺なんだ』って自信を持ってアドバイスをしてあげる」(教員/25才)

うん、間違いなくいい彼氏(笑)。これも、「もしかして元カレのことまだ好きなの?」って気持ちがあるから怒っちゃったりしがちなんですよね。

「彼女は、俺を信頼してるからこそ、元カレの相談をしてる」と理解できれば、しっかりと聞いてあげられますもんね。

3.上手にイジれるようになる

「彼女が笑ってくれるイジりと、『これは言ったら怒られるだろうな』ってジョークの区別がつくときかな」(営業/23才)

その人のキレポイントというか、冗談のつもりでも「それは失礼だよ」って言われちゃうようなギリギリのラインって、親しくなるうちにだんだんわかってくるものですよね。

あなたのことをいい感じに楽しくイジってくれるカレは、きっとあなたのことがよくわかっているんですよ。

4.「違い」にいちいちイライラしない

「最初は、『趣味とか、共有しようよ』って思ってたけど、だんだんそういうのがどうでもよく思えてきて、『違うものを好きでも全然いいよね』ってなってくるのはいい兆候だと思う」(フリーランス/24才)

「君も好きになってよ」みたいな押し付けは、お互いのことを理解してないからこその言動ですよね。

他人なんだし、違うのは当たり前。それを無理やり合わせようとするのは、相手のことを理解してないのと同じです。

5.「会えなくてもつながってる」が本当に実感できる

「よく『会えなくても一緒だよね』とか口では言うけど、こういうことを言ってるうちは、本当はさみしくてしょうがないんだよね。
こういうのをいちいちお互いに確認したりしなくても、心から実感できるときが、本当に心がつながってる証拠だと思う」(金融/25才)

なかなか深い(笑)。気持ちが冷めたとかじゃないけど、仮に忙しかったりして会える時間が作れなくても、焦って「会えないと無理」とかならない関係。

たしかに素敵ですね。これも、理解というか、信頼してるからこそでしょう。

おわりに

どうでしたか? これらは、あなたのホントがカレに伝わったということだけじゃなくて、カレが大人になったということでもあります。
まずは、「私をわかってくれてありがとう」と言ってあげましょうね。

そして、なかなかあなたのことを心から理解してくれる人なんているものじゃありません。こういうカレは、絶対に手放しちゃいけませんよ?(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)
(藤田富/モデル)
(泉三郎/カメラマン)

関連記事